元タイ人留学生がのぞいたタイランド

元タイ人留学生が日本語で綴るタイのIT事情

11

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2009年11月29日(日)

TrueType Font のファイル形式 [タイの電脳事情 電脳街情報]

画像(320x281)・拡大画像(370x325)

TrueType Fontのファイル形式を解析してみました。以下はTahoma.ttfを読み込んだ結果です。見た感じ、テーブル内のTAGは二分探索を行うときに必要な項目です。フォントサイズを計算するとき、最大のOffset値を持っているテーブルを求めて、その値にテーブルの長さ(Length)を足せばいいです。

ここまでなら、プログラミング自体は難しくなかったのですが、TTFのファイル構造を理解するのに少し時間がかかりました。残りはグリフと文字コードの関係を調べる作業がありますが、かなり大きな構造体を理解する必要があるので、それなりに時間がないと終わらないと思います。

The offset subtable
===================
   scaler type      : 0x00010000
   number of tables : 22
   search range     : 256
   entry selector   : 4
   range shift      : 96


             The table directory
-------------------------------------------------
table   tag    checksum       offset       length
-------------------------------------------------
 1      DSIG   FCFE875A        A406C         2434
 2      GDEF   F02BF75F        95960          340
 3      GPOS   C6F70E96        9793C         B83A
 4      GSUB   B2491028        95CA0         1C9C
 5      LTSH   C7CA55B2         35DC          CE9
 6      OS/2   D6425AC4          1E8           60
 7      VDMX   76D97D56         42C8          5E0
 8      cmap   31408F48        A3178          EF2
 9      cvt    89B4966C        1E438          308
10      fpgm   FE40EAFD        1D8C8          5BC
11      gasp   00170009        95950           10
12      glyf   FEAFC82C        21AD8        6A3FC
13      hdmx   BD46C5E9         48A8        19020
14      head   D84F7FD5          16C           36
15      hhea   0F58121F          1A4           24
16      hmtx   9F0772BB          248         3394
17      kern   ADC4AF0B        8BED4          FDE
18      loca   2C92213E        1E740         3398
19      maxp   11010415          1C8           20
20      name   3AC16DD0        8CEB4          816
21      post   FE8B50AA        8D6CC         8281
22      prep   E1E8DA4C        1DE84          5B1
-------------------------------------------------
The last table is:
DSIG   FCFE875A        A406C         2434
Last byte = A64A0
// the font directory consists of two parts:
// part 1. the offset subtable - 12 bytes
// note: for the scaler type
//     - fonts produced specifically for Mac OS 
//             should be 0x74727565 ('true')
//     - fonts for MS Windows must use 0x000100 
//             (version no).
// --------------------------------------------
typedef struct {
     byte       scaler[4];              // scaler type, see note
     word       tables;                 // number of tables
     word       range;                  // search range
     word       select;                 // entry selector
     word       shift;                  // range shift
} offtab;

// part 2. the table directory - 16 bytes
// note: entries in the table directory must be sorted 
//       inascending order by tag.
// ---------------------------------------------------
typedef struct {
     byte       tag[4];                 // 4-byte identifier
     dword      chksum;                 // this table checksum
     dword      offset;                 // offset from the beginning of sfnt
     dword      length;                 // actual table length in bytes
} tabdir;                               // (not including pads)

// function prototypes
// -------------------
void   help ( char   *pname );
void   readOffset ( offtab   *tab, FILE   *fp );
void   dispOffset ( const offtab   *tab );
void   readTabdir ( tabdir   *tab, FILE   *fp );
void   dispTabdir ( tabdir   *tab );
void   dispHead ( void );
void   line ( int   n );


// --------------------------
//   M A I N  P R O G R A M  
// --------------------------
int
main ( int   argc, char  *argv[] )
{
     FILE       *ttf;           // TrueType font file
     offtab     otab;           // offset subtable 
     tabdir     dtab;           // table directory
     tabdir     mtab;
     int        k;
     dword      max = 0;        // maximum offset

     
     // ttf filename is supplied?
     // -------------------------
     if ( argc < 2 ) 
          help(argv[0]);

     ttf = jopen(argv[1], "rb");

     // read and display offset subtable
     readOffset(&otab, ttf);
     dispOffset(&otab);


     // read data, store in the table directory, and display
     // one table at a time
     // ----------------------------------------------------
     dispHead();
     for ( k = 0; k < otab.tables; ++k ) {
          readTabdir(&dtab, ttf);

          printf("%2d      ", k+1);
          dispTabdir(&dtab);
          if ( dtab.offset > max ) {
               max = dtab.offset;
               mtab = dtab;
          }
     }
     line(49);

     printf("The last table is:¥n"); 
     dispTabdir(&mtab);
     printf("Last byte = %X¥n", mtab.offset + mtab.length);

     jclose(ttf);

     return 0;
}
// help - display application's usage information
// ----------------------------------------------
void
help ( char   *pname )
{
     printf("usage : %s  <TrueType-font-file.ttf>¥n", pname);
     exit(1);
}

// readOffset - read the offset subtable, one element at a time
// to avoid alignment prooblem; fixed size = 12 bytes
// ------------------------------------------------------------
void
readOffset ( offtab   *tab, FILE   *fp )
{
     jread(&tab->scaler, sizeof(tab->scaler), fp);
     jread(&tab->tables, sizeof(tab->tables),  fp); 
     jread(&tab->range,  sizeof(tab->range),  fp); 
     jread(&tab->select, sizeof(tab->select), fp); 
     jread(&tab->shift,  sizeof(tab->shift),  fp); 

     // flip 16-bit data from host to network byte order
     // ------------------------------------------------
     tab->tables = flip16(tab->tables);
     tab->range  = flip16(tab->range);
     tab->select = flip16(tab->select);
     tab->shift  = flip16(tab->shift);
}

// dispOffset - display the offset subtable
// ----------------------------------------
void
dispOffset ( const offtab   *tab )
{
     int        i;

     printf("¥n");
     printf("The offset subtable¥n");
     printf("===================¥n");
     printf("   scaler type      : 0x");
     for ( i = 0; i < 4; ++i )
               printf("%02X", tab->scaler[i]);
     printf("¥n");
     printf("   number of tables : %d¥n", tab->tables);
     printf("   search range     : %d¥n", tab->range);
     printf("   entry selector   : %d¥n", tab->select);
     printf("   range shift      : %d¥n", tab->shift);
     printf("¥n");
}


// readTabdir - read the table directory, one element at a time
// to avoid alignment prooblem; fixed size = 16 bytes
// ------------------------------------------------------------
void
readTabdir ( tabdir   *tab, FILE   *fp )
{
     jread(&tab->tag,    sizeof(tab->tag),    fp);
     jread(&tab->chksum, sizeof(tab->chksum), fp); 
     jread(&tab->offset, sizeof(tab->offset), fp); 
     jread(&tab->length, sizeof(tab->length), fp); 

     // flip 32-bit data from host to network byte order
     // ------------------------------------------------
     tab->chksum = flip32(tab->chksum);
     tab->offset = flip32(tab->offset);
     tab->length = flip32(tab->length);
}


// dispTabdir - display the table directory
// ----------------------------------------
void
dispTabdir ( tabdir   *tab )
{
     int        i;
     int        n = sizeof(tab->tag);

     for ( i = 0; i < n; ++i )
               printf("%c", (char)tab->tag[i]);
     printf("   ");
     printf("%08X     ", tab->chksum);
     printf("%8X       ", tab->offset);
     printf("%6X¥n", tab->length);
}

// dispHead - head of the table directory display
// ----------------------------------------------
void
dispHead ( void )
{
     printf("¥n");
     printf("             The table directory¥n");
     line(49);
     printf("table   tag    checksum       offset       length¥n");
     line(49);
}
// line - display a line of length 'n' 
// -----------------------------------
void
line ( int   n )
{
     int        i;

     for ( i = 0; i < n; ++i )
          putchar('-');
     putchar('¥n');
}


Posted by ぷーちゃん at 17時26分

コメント

はじめまして。
当Blogはタイの携帯電話に関することを調べていたときに見つけ、以降定期的に読ませていただいていました。

ちょっとこのエントリーの話題とは離れた内容ですが書かせていただきます。

当方、元在タイ経験のある現在東京在住の者です。

以前、今年2月ころにタイAISの3Gに関するエントリーを呼んだ記憶がありまして、そのことでちょっとお聞きしたいのですが、
現在日本でローミング中のone-2-callのSIMがあるのですが、これを同番のまま3Gプリペイドに変更することは可能なのでしょうか?
また可能な場合、日本からの手続きは可能でしょうか?

また現在、タイの3G普及状況はどんな感じですか?
個人的にはバンコクとその近郊で使用できれば問題はないのですが・・・。
AIS、それからTrue、あとDTACはどうでしょうか?

抽象的な質問で申し訳ありませんが、もしご存知でしたらご教授願えませんでしょうか?

Yuki 2009年12月25日 14時30分 [削除]

大変遅くなってすいません。
1. one-2-callのsimは3Gに変更できます。ただし、CALL CENTER
(1775)に電話しないといけません。1775の場合、日本からTelできるかどうかわかりません。
2. 今のところ、AIS の3Gはそれほど普及していません。バンコクの場合エリア的にTrueのほうが有利です。
3. 3Gの本格的なサービスはいつ開始できるかわかりません。未だに周波数の問題が解決されていません。

ぷーちゃん 2010年02月02日 00時11分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ついに入手した任天堂DS LITEホワイト

ついに入手した任天堂DS LITEホワイト

新しいアップル仲間

新しいアップル仲間

UPSの内部バッテリ交換

UPSの内部バッテリ交換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
コミュ ニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー