タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2010年02月06日(土)

叩かれるより怖いこと [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

先日の「叩く先生」について、タイの現役小学生に話を聞く機会があった。

小学生の低学年は、先生に叩かれることが何よりも怖く、子ども達は忘れ物や遅刻をしないように気をつけるそうだ。
それでもうっかり忘れ物をして、手の平をペシッと叩かれる子は後を絶たないそうだけれど。

ところが小学生も高学年になると、「叩かれる」こと自体は恐怖ではなくなるという。叩かれることよりもっと怖いことがあるというのだ。

高学年にとって最も恐ろしいのは「ハック・カネーン(減点)」。減点が重なると「サム・チャン(落第)」の危険がある。

元気の良い男の子達は、いたずらをして先生に怒られると、
「先生、減点だけは勘弁してください。代わりに僕を叩いてください」と手の平を先生に差し出すそうだ。

先生達も「しつけ」のために叩いているので、痛いとはいえ、手加減はしているだろう。

例の「牛乳事件」のクラスの生徒達は、自主的にお小遣いから10バーツずつ出し合って、バレンタインデーの日に先生に何かプレゼントをする予定らしい。

先生であれ親であれ、「話せば分かるが怒ると怖い大人の存在」は、子ども時代を彩るスパイスかもしれない。

Posted by てんも at 00時09分

コメント

いいですねー。そうやってしつけるの。
昔は日本もそうでした。(小学校で落第はなかったけど)
私が小学生低学年の頃、教室で喧嘩してたら全員担任の先生に強烈なビンタをされました。家に帰ったら母から「あんた先生にたたかれたね」と言われました。ほおに手形が付いていたのです。^^; でもそれだけ。学校に文句言う親は一人もいなかったし、その先生は生徒にも尊敬されていました。今も思い出に残る先生の一人です。

うっち 2010年02月06日 08時52分 [削除]

私も小学生の時に2人の女性担任の先生からビンタをされました。
普段優しい先生が激怒してバシッ!
驚いて怒られたのが悲しくてその場から走って立ち去って
一人泣きました。太い竹の棒を持って頭(女生徒にはお尻)を
叩く先生とか怒ると怖い痛い先生がたくさん居ました。

うえの 2010年02月06日 11時40分 [削除]

日本では忘れられた正しい教育がありますね!
僕も中学校の担任には苦労しましたが、今思うと良い先生でした。

よた 2010年02月07日 10時59分 [削除]

うっちさん
家に帰るまで手形が残ってたなんて!!
相当痛かったでしょうねぇ・・・。でも、昔は家庭が先生を信頼してたのでしょうね。

うえのさん
怒られて怖かった先生って、印象に残るんですね〜。

よたさん
わたしも、小学校の先生は優しかったのに、中学生になったら怖い先生がたくさんいたのを覚えています。

てんも 2010年02月12日 22時56分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー