タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年02月23日(木)

I will survive. 〜僕は生きていく〜 [タイで仕事]

初めての翻訳本が完成。とても綺麗な本にしていただいた。

エイズで両親を失ったエイズ孤児達が社会(特に学校や医療施設の人々)の偏見や差別にさらされながらも、血のつながりのない育ての親の愛情に恵まれ、たくましく生きていく、実話に基づいた3つの物語。

タイ赤十字社とチュラロンコン大学の共同企画で、物語の執筆はチュラの医学生が担当した。
この物語を各国語に翻訳するにあたり、日本語訳を弊社が担当させていただいたのだ。

少々の医療専門用語も含まれていたので、日本語の校閲は私の前の職場の先輩日本人女性Yさんにお願いした。
その時はじめて、Yさんがチェンマイにあるエイズ孤児施設の理事をしていることを知った。

月に数度、週末に夜行バスでチョンブリからチェンマイまで様子を見に行くらしい。

Yさんから興味深い話を聞いた。
最近ロングステイでチェンマイに滞在している日本人ご夫妻から、ボランティアで施設を訪問して子供達にクッキーの焼き方を教えてあげたいので、車で送迎してくれないか、と申し出を受けた。
施設に常駐している日本人の方は丁重にお断りしたという。

なぜか。

施設に送迎車を出すほどの余裕がない、というのが一つの理由。
もう一つの理由は、バターのたっぷり入ったおいしいクッキーの味を覚えてしまって、その後もクッキーばかり食べたがって施設のごはんやお菓子を食べないようになると困る、というものだった。

常に子供達と一緒にいる方からすると、一般の人の好意による申し出が、ありがた迷惑になることもある。しかし、ロングステイのご夫妻はもちろん好意から申し出をしたのだから、断り方もすごく難しかっただろうと思う。

ボランティアというのは難しいものだ、とつくづく思った。

画像(180x128)・拡大画像(640x458)

I wii survive〜僕は生きて行く〜

Posted by てんも at 00時00分

コメント

Yさんがチェンマイにあるエイズ孤児施設の理事?
そうだったんですか。
しかも、月に数度チェンマイまで?
すごい! すごすぎる!!

ボランティアとか、支援とか、
ありがた迷惑な事もあるらしいですね。
「小さな親切、大きなお世話」みたいな感じでしょうか??

たちの 2006年02月23日 13時52分 [削除]

そうですか。Yさんすごいなー。
僕も知らなかったです。

人間って一度心地良いこと・便利なことを知ってしまうと次回はそれを基準に考えてしまうもんだと思います。悪いとか良いとかじゃなくてそういう生き物だと思うんです。だから施設の方の対応はとてもよくわかります。

じゃあ何もしないほうがいいっていうわけにも行かない。相手のことを考えたポランティアって難しいですね。

ジロチョー 2006年02月23日 14時36分 [削除]

おめでとう。とっても素敵な本に仕上がりましたね。
エイズ孤児と聞くだけでとてもかわいそうに思ってしまいます。いったい私たち一般市民はどうやって援助したらよいのか分かりません。よく募金を募っていますが、
本当に彼らたちの元にいっているのかどうかわからないので募金できずにいます。

ポォ 2006年02月23日 15時28分 [削除]

とうとう完成したんだねー。紫色私とっても好き。
すごく素敵に出来上がったね。内容も是非読んでみたいです!
ボランティア。自己満足がベースになったものはいかがなものかと思う。自己満足でもいいんだけど、それならそれをちゃんとみとめて謙虚になることだね。自己満足的やってあげてるボランティアが多いような気がする。

ベンジャロン 2006年02月23日 17時52分 [削除]

たちのさん
夜行バスで行くらしいですよ。
お子さんが独立しているとはいえ、なかなかできることじゃないですよね。

ジロチョーさん
せっかく、「何かしたい」と思っているのであれば、相手が必要としていることをして喜んでもらえるのが一番ですよね。

ぽぉさん
翻訳しながらドキッとしたのですが、両親がエイズで死亡した場合、子供にも感染している確立が高いんですよね。でも、チェンマイのその施設の子たちはYさんによると皆明るく元気いっぱいだそうです。

ベンジャロンさん
今回は残念ながら、ボランティアを受ける側のニーズに合っていませんでしたが、きっとね、一緒にクッキーを作ってもらうことを喜ぶ子供たちも別の場所に必ずいると思うんです。
「ボランティアをしたい」人がいて、「こういうことで支援して欲しいな」というニーズがあって、それをうまくマッチングさせることができる仕組みがあるといいですよね。

ハローワークみたいな、ハローボランティアがあるといいのかもしれないなぁ。

てんも 2006年02月23日 20時41分 [削除]

おめでとうございます!私も感慨深いです。お疲れ様でした。
ボランティア、人のためではなく自分がやりたいから自分のためにする、と思っていたほうが良いかもしれませんね。確かに何が本当に必要とされているのか、見極めるのが難しい。

ソナタ 2006年02月23日 23時26分 [削除]

その本は日本でも売るのですか?

> チェンマイにあるエイズ孤児施設
その施設はB.ロムサイですね。私も時々そこのホームページ(日記)を見ています。タイのエイズ孤児達の子育てはなかなか大変だなと感じます。園長さんとは一度お会いしてちょっとだけ話したことがあります。私の稽古事をそこでやっているので私もそのうちに訪ねてみるつもりです。

うっち 2006年02月23日 23時52分 [削除]

ソナタさん
ソナタさんがいなければ、この本は誕生していませんでした(*^_^*) ご縁をつないでくれたソナタさんに大感謝です〜♪

うっちさん
販売はせず、医学学会などで無料配布するようです。
施設はバーンサンタという可愛い名前の施設です。
習い事???

てんも 2006年02月24日 02時06分 [削除]

タイ人自身でこういうボランティアに興味がある人はどれだけいるんだろう?
お金がない人たちの方が興味があってでも何も出来ない。
お金がある人は興味がない。
そんな気がするなあ。

noina 2006年02月24日 02時36分 [削除]

日本語版は販売するの?
入手方法を教えて下さい。
読み聞かせしようと思います!

あっけん 2006年02月25日 05時37分 [削除]

次へ 次へ

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー