タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年02月17日(金)

レポートの提出 [タイで勉強]

締め切りぎりぎりになって、ようやくレポートを提出した。
タイの通信大学の経営学部の授業。
今学期の履修科目は「初級経理」と「数学」
レポートの提出は、いわば中間テストの代わりのようなもの。
いきなり2教科を同時進行で学ぶのは難しいので、レポートの担当を分けた。私が経理。ぷーちゃんが数学。
そして、自分が作成したレポートをお友達の公認会計士に見せて内容を確認してもらった上で、ようやく提出。数学はぷーちゃんのをほとんど丸写し。

提出日は、一緒に勉強をスタートさせたスタッフ2名も加えて総勢4名でオフィスにてレポートの答え合わせ。
「ここ、答えあってる?」
「ピーテンモ、ここ間違ってます」
「え・・・?」
もはや、仕事などしている場合ではない。

お昼過ぎに全員のレポートが完成し、代表者を郵便局に送り出した後、ようやく通常業務を再開した。

それにしても、わがスタッフの優秀なこと。
「まだ教科書を読んでいません」
「難しくて全然分かりません」
なんて言いながら、2教科ともきっちり仕上げてきた。

危なっかしいのは、逆に私の方だ。

聞いたところによると、数学の授業は経営学部の最難関学科らしい。しかも履修が義務付けられている。
4月の試験に向けて、そろそろ本腰を入れて勉強しよう。なにしろ他の3名はすでに一度勉強したことがあるが、私は高校2年生で文系を選択して以来、数学というものに触れたことがないのだ。

経理は、ようやくよちよち歩きながら初歩の決算書類を作成することができるようになった。
やっていくうちに感じたけれど、経理の帳簿をつけたりするのは、パズルに似ている。貸方に入れるのか、借方に入れるのか。そして合計の金額を出して・・・
単純な計算問題なので、脳の若返りに役立つのではなかろうか。

経理の知識が身について、経理関係のタイ語も身について、ついでに脳が若返ったりしたら、すごく嬉しいな。

Posted by てんも at 11時06分

コメント

日本では左側(借り方)から品物が入ってきて右側(貸し方)から現金が出て行く、というふうに教わりますが、タイでも同じですか?

複式簿記はベニスの商人が考え出したそうですね。
特許制度が生まれたのもベニスだし。
水の都ベニスってすごい国だったんだ。

イサーン太郎 2006年02月17日 13時19分 [削除]

タイ語で経理の勉強なんてすばらしい。
日本語で経理を学ぼうとしたときでも、私は頭が痛くなりました。てんもさんの尊敬するメンターも、ビジネスの基本は、経理だとおっしゃってました。がんばってください。私は、旦那にまかせきりです。ぼけまっしぐらです。

ポォ 2006年02月17日 13時47分 [削除]

はい、品物、現金は資産とみなされているので、増えた場合借方、下がった場合貸方に記帳します。分かっているように書いてますが、実はてんものレポートを丸写ししたので、まだまだ勉強が足りません。:-)

ぷーちゃん 2006年02月17日 14時08分 [削除]

私、簿記3級持ってますけど、
まったくわからない。
たぶん、誰かと名前取り違えて合格になったみたいだ。
クラスのみんなもそう言ってましたから・・・
先生には口が裂けても言えません。 もったいない!

たちの 2006年02月17日 14時24分 [削除]

すごいよねー、てんもさんほんと。しかもタイ人の学生と同じ土俵で勉強してるんだもんねー。

私もてんもさんのメンターに何度も何度も理論を教わり、自分で決算書も見てたけど。根本がわかってないからなー。ちゃんと理解すればほんとパズルのようで面白いと思ったんだけど、決算書見てると脳みそがフリーズしちゃうのよ(笑)

ベンジャロン 2006年02月17日 14時55分 [削除]

イサーン太郎さん
日本の簿記テキストを送っていただいたので、それと比較してながめてると、全く同じです。決算書って、世界標準なんですかね。
複式簿記を考えた人は天才だと思う。
私は未だに、つねに左右のバランスが同じ値になっている、その根本的な仕組みが理解できていません(汗)
もう少し続けているうちに、分かるようになるかなぁ。

ポォさん
ビジネスの基本は経理だというのは本当だ思います。
数字のセンスがある人ならいいけれど、私は本当に基礎からやらないと。
でもね、タイ人には、「なんで修士じゃないの?」と言われるんだな(笑)

ぷーちゃん
私は数学を丸写しさせてもらったので、これから数学を勉強します(笑)

たちのさん
そうなんですよね〜。たちのさんプロフィールに3級と書いてあったから、おぉぉ!!と心ひそかに尊敬してました。
なんだ、名前違いか。なら尊敬しない。

ベンジャロンさん
決算書眺めても、項目がずらっと並んでいるから、何がなんだか分からなくなるよね。
決算書と、勘定帳の記帳の仕方は、「2次方程式と因数分解」の関係に似ているような気がする。
両方勉強して初めて二つの関連と意味が分かるところとか。
メンターに送っていただいた簿記4級テキストは分かりやすかったよ。今度会うとき持って行こうか?パズル気分でやっていくと、脳みそフリーズしないかも(笑)

てんも 2006年02月17日 15時20分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー