タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年11月18日(水)

4泊5日の決断 [スコータイ大学]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

4泊5日の決断

最終科目のテキストには、なにやら「研修合宿」が開催されるようなことが書いてあった。筆記用具を持参するように、と書いてある。

これは、泊まり込みということなんだろうか。

詳細がまったく分からないままに「そのうち分かるだろう」と思っていたら、本当にそのうち合宿の詳細が送られて来た。
そこには、研修合宿の期間と場所と費用が記載されていた。
期間はなんと、4泊5日。場所はスコータイ大学のキャンパス内。費用は2020B。

何よりも、期間に驚いた。

スコータイ大学で勉強する人は、そのほとんどがすでに仕事をしている人だ。家族があって、仕事があって。そんな人が、5日間も家を空けられる訳がない!!
そう思った。

だいたい私は、用事があって日本に帰国する際だって2泊3日で用事だけ済ませて大急ぎで帰って来るのだ。大学の研修に5日も使うなんて、考えられない。
しかも研修場所がインターネットが通じる場所かどうかも不明。

お客さんとのやりとりの95%をメールに依存している私にとって、いくら土日を挟むとはいえ5日間もメールが確認できない状況になることなど考えられない。

どう考えても、無理だ。
念のため、大学に問い合わせてみた。5日間の合宿を、2日と3日のように2回に分けて期間を短くして参加することはできないだろうか。
大学の回答は「マイダーイ(それはできません)」
これはやっぱり無理だ。

そう思ったので、大学の勉強はここで一時中断しようと思った。もう少し時間が取れるようになったら、改めて合宿に参加することを考えてもいい、そう思ったのだ。最長で8年間在籍できる4年コースに入学してから、私は4年間で最終科目まで全ての科目にパスしている。ということは、あと4年は時間の猶予があるということだ。

そう考えて、しばらくテキストから離れた。
そして日本語で簿記の勉強を始めた。

そのまま1ヶ月ぐらい経っただろうか。少しずつ、自分の考えが変わってきた。
もしかすると、この時期に5日間の合宿に参加する機会がやってきたということは、自分の生活スタイルを見直すよい機会がやってきたということなのかもしれない。

もし、この合宿に参加することができたら、私はこれまでの「仕事第一」の生活から解放されるかもしれない。私を「仕事」に縛り付けていたのは、もちろん私自身だ。私が自分の中の優先順位を変える決心さえできれば、5日間ぐらい、なんとでもなるのかもしれない。

そして、師の言葉が私の背中を押してくれた。

長い人生のうちの僅か5日間。
仕事の上での5日位直ぐ取り戻せるでしょう。

モーリさん(夫母)も、息子を妊娠中に大学に通って学位を取り、学校の先生になった。
私が「行きたい」と言えば、義両親も、だんなさんも、家族は全員喜んで協力してくれる。障害は、私自身の気持ちだけだった。

こうして私は、5日間という自分にとっては前代未聞の長期間、家とオフィスから離れることを決心した。

Posted by てんも at 12時01分

コメント

確かに!大きな価値のある5日間だよ!!頑張れ〜〜

わかば 2009年11月18日 13時21分 [削除]

経営者は働けば働くほど身入りがあるので、なかなか休めないんですよねえ!
よくぞご決断なされましたね。

よた 2009年11月18日 13時48分 [削除]

たった5日間仕事を離れるのに大変な決断が必要だったのですね。
でも自分にとっても会社にとってもシステムを見直す凄く良い
機会だと思いますよ。
それで次回1週間くらい旅行に出掛けられる様にしちゃいましょう。


うえの 2009年11月18日 14時42分 [削除]

(一般論として)タイ人にとっての仕事の重要度はその程度なのでしょう。

仕事に関しては、個人事業ならともかく会社としてやっているなら、誰か1人がいないという場合でも一応は業務がまわるように考えておく必要がありますね。

Eメールは、携帯電話経由での通信ならかなりの田舎でも受信できるのでは?

ニー 2009年11月18日 18時11分 [削除]

その決断が将来生きてきますよ。
5日位休業宣言してでも行きましょう。
連絡方法を工夫すればなんとかなるものです。

うっち 2009年11月18日 22時05分 [削除]

わかば
ありがとう!!がんばったよ♪♪

よたさん
ちょうど、自分の中の優先順位を変える時期に来たような気がしたので、思い切ってみました。仕事は後からいくらでもできるので、今は「今しかできないこと」を大事にしようと思います。

うえのさん
本当に、たかが5日なんですけど、私にとっては一大決心でした。次回はめざせ1週間ですね♪♪

ニーさん
5日間の不在の間も、スタッフががんばってくれました。
結局宿舎全体がインターネットに接続できる環境だったようですが、パソコンを持ち歩く根性がなかったので、持参しなくてよかったかもしれません。
でも今後のためにも携帯電話経由でインターネットに接続する練習は必要かもしれません。

うっちさん
本当に、なんとかなるものですね。留守番組のスタッフには苦労をかけたけれど、私がいなくてもお客さんとしっかりやりとりできていたのは、嬉しい驚きでした。

てんも 2009年11月19日 23時02分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー