タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年12月05日(土)

削れない鉛筆と、削れない鉛筆削り [アメージングタイランド]

タイで売られている鉛筆削りでタイの鉛筆、特に色鉛筆を削ると、ボキボキ折れて、鉛筆があっというまに半分の長さになってしまうことがある。

鉛筆削りが悪いのか、鉛筆が悪いのか、その両方なのか。

そんなことでたまに困っていたら、
「長年三菱の鉛筆削りを愛用している」と教えてくれた方がいた。

その話を聞いて、日本から三菱製鉛筆削りを運んでもらった。ついでに鉛筆も買ってきてもらった。書き心地ばつぐん。

とりあえず優秀な鉛筆削りを入手したので、これで一件落着かと思ったら、そうでもないようだった。

さすがの日本の鉛筆削りにも、削ることができないタイ製鉛筆があった。削っても削っても、書けないのだ。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

削れない鉛筆と、削れない鉛筆削り

この逆パターン(タイの鉛筆削り+日本の鉛筆)の組み合わせも、だめだった。
やっぱり、書けなかった。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

削れない鉛筆と、削れない鉛筆削り

Posted by てんも at 00時41分

コメント

まさにその通りだ。うちも同じ問題でいつも困っています。
鉛筆削りが新しいのが買っても全然削れないし、
鉛筆も削れても、引っ張ってみたら折れてるし、
本当に困るね。
そうか、やっぱ日本製が素晴らしいですね。
今度買って来てもらおう!

なお

2009年12月05日 02時46分 [削除]

それなら昔ながらにナイフで削りましょう。
てんもさん、ナイフで削ることができますか?

うっち 2009年12月05日 09時08分 [削除]

うちもおなじ〜〜!!
日本から鉛筆削り持ってきてもらったの。
削り心地抜群!
でも、スーパーで売ってるようなタイの色鉛筆はやっぱり削れない。
自分用にはStaedtlerの鉛筆とFaber-castelの色鉛筆に落ち着いたよ。

ゆか 2009年12月05日 10時06分 [削除]

多分芯の質の問題(硬くて脆い)でしょうね。
タイで購入したシャーペンの芯も同様でした。
食品包装フィルム(いわゆるサランラップ)も同様な品質差がありますね。

ニー 2009年12月05日 21時33分 [削除]

うちのは削り心地はいいんだけど、異様に鉛筆が短くなる速度が速いような気がするんです。タイ製だから???

ポォ 2009年12月06日 17時16分 [削除]

なおちゃん
日本製の鉛筆削りのおかげで、芯がポキポキ折れるという問題は解消できたよ〜。

うっちさん
ナイフ、子どものときに削ったことがあるので、多分大丈夫です。
でも、まずはよく削るナイフを探すところから始めないと・・・(汗)
文具店に行ってきまーす。

ゆかちゃん
うちも、学校用の色鉛筆はワニさんマークのやつか、
Faber-castelにすることにした。塗りやすいみたいね。

ニーさん
最近ずっと鉛筆を使っているので、シャープペンの芯は、気づきませんでした。
サランラップは、在タイ10年ですので、結構しっかり使いこなしてますよ。
えっへん。
慣れないとフニャフニャに丸まってしまうんですよね〜。

ポォさん
鉛筆が短くなる速度、たしかに早いかもしれない。
色鉛筆でそれを感じるわ。

てんも 2009年12月09日 11時37分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2009


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー