タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年12月18日(金)

ナイフで鉛筆削り [アメージングタイランド]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

ナイフで鉛筆削り

削っても、削っても、芯が出て来てくれない手強い鉛筆を使えるようにするために、ナイフで削ってみることにした。

「B2S」などの文房具店で「鉛筆を削るためのナイフ」の場所を聞いても、店員さんは首を振るばかり。

そこで、地元の小学生御用達文房具店をのぞいてみた。
売ってた。
さすが。


画像(320x239)・拡大画像(640x479)


新品なのに、歯が少し汚れているように見える。
これはさび止めのオイルだろうか。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

小学生の頃、こういうナイフで鉛筆を削ったことがあるような・・・。

懐かしい感覚がよみがえる。
最初に木の部分を削って、最後に芯を鋭く削るのだったような。

できあがりがゆがんで見えるのは、芯がゆがんでいるせい。
・・・たぶん。

Posted by てんも at 00時04分

コメント

懐かしい〜〜〜!!!私も小学校のときやった。3年生のときかな。今の小学校じゃ危なくてさせないみたいだけど(ほら、小学生の刃物での犯罪増えてるから、日本は)。

たまには機械に頼らず、こういうのもいいね。

Macha 2009年12月18日 03時28分 [削除]

ナイフで鉛筆削り。なつかしいです。最近はシャープペンシルしか使わなくなりましたが鉛筆はなんだか暖かみを感じますね。探してみたら我が家にも鉛筆がありました。大昔に娘が小学校時代に使ってたものが1本、当時を思い出しました。

JJ 2009年12月18日 07時42分 [削除]

それにしても酷い鉛筆ですねぇ!

ちゃんと削ると先っぽは木なんですねぇ!

これじゃぁ、ナイフは必需品ですね!

よた 2009年12月18日 08時51分 [削除]

最初の写真、すごいですね。芯が中心に無い。これでは鉛筆削りが役に立たないはずですね。私が小学校の頃(かなり昔)でもこんな鉛筆は無かった。
次回のお土産はHBの鉛筆でも持って行きましょうか。(笑)

うっち 2009年12月18日 22時12分 [削除]

Machaさん
子どもの頃、やったよね。包丁は毎日握ってるけど、このナイフはもっと細かい作業が必要で、「手先を使っている」という実感があったよ〜。

JJさん
手に優しい気がするので、私は最近ずっと鉛筆を使っています。
シャープペンシルはずっと使っていないかもしれません。

よたさん
削り終わった直後は、なぜ書けないのか頭の中が「??」でした。
よく見たら、すごい状態になってました・・・。

うっちさん
QCで分からなかったんでしょうかねぇ。それとも、芯が入ってるからOKなのかな??
一応、ちゃんとした鉛筆も買えるので大丈夫です♪
でも、こないだ家族が持って来てくれた三菱の鉛筆はス〜ラスラ書けて、感動でした。

てんも 2009年12月24日 15時37分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2009


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー