タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年10月03日(土)

多分、2回目 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

多分、2回目

久しぶりに行った紀伊國屋書店で、だんなさんがおもむろに2冊の本を選んだ。英語の基礎をもう一度勉強したいのだという。

そのうちの1冊に、なんとなーく見覚えがあるような気が一瞬だけした。
翌日になって、その思いは確信へと変わった。

「問題精講」という言葉と、黄色い枠の表紙。
高校生のとき、夏休みの課題として出された英文法の問題集だ。
生徒の自主性を重んじるという素敵な校風の学校だったので、課題といってもやらなくても特に怒られなかった。だから私も最初はやるのかやらないのか自分でも分からないまま夏休みに入った。でも、暇だったのと、たまたまの気まぐれで最初のページからスタートして、毎日少しずつ。その時のノートはもう手元にないけれど、たしか無事に最後まで終わらせたのだった。

「1冊のテキストを終わらせた」という充実感をなんとなく覚えている。でも、残念ながらその後文法力が飛躍的に伸びたとか、そういう記憶はない。ピンとこないまま問題を解いていき、ピンとこないまま1冊終わってしまった、というのが正直なところだったように思う。この問題集の大事な部分を吸収することができなかったその理由が、今なら少しだけ分かる気がする。

ちょうど私も英語の基礎的な部分をおさらいしたいと思っていたところだ。今、もう一度やってみたら、大事なことが身についた実感が沸くだろうか。なによりもそのことに興味があるので、だんなさんには青色の長文問題の方を先に進めてもらい、黄色は私がしばらく借りることにした。

Posted by てんも at 00時12分

コメント

私も英語見直したいです・・・と思いつつ10年以上・・・経過。。。

ポォ 2009年10月03日 08時10分 [削除]

えらいなー。
学生時代は英語の劣等生だったので私の英語は社会人になってなんとなく身につけたものなので、文法は最低です。-_-;

うっち 2009年10月03日 10時56分 [削除]

世代が違うせいか、このあたりの参考書はまったく見覚えがありません。
世界に向かって自分の考えを発信するとなると英語はどうしても避けて通れませんよね。
そして欧米語習得で一番大事なのは文法ですよね。

最近は表現のための英文法書があります。
●表現のための実戦ロイヤル英文法
●ライティングのための英文法ハンドブック
●英語ライティングルールブック
どれか一冊なら真ん中の「ハンドブック」かな。

Eメールによるビジネスやパーソナルなコレポンの参考書
●ネットの英語術
付録のネット略語、英語顔文字、leet表記など重宝してます。

イサーン太郎 2009年10月03日 14時28分 [削除]

懐かしい!

表紙が違うような気がするけど私もやりました。
同世代はみんなやったのかもしれません。

Yui 2009年10月03日 22時08分 [削除]

英語の基礎をもう一度勉強したい
と言う旦那さんは素敵ですねぇ!

YoTa 2009年10月05日 10時36分 [削除]

ポォさん
私はそろそろ始めようかと思って。

うっちさん
文法分からなくてもペラペラ話せる人もいるんですけど、私はそれはちょっと無理そうなので地道にやります。

イサーン太郎さん
ありがとうございます!!プロのおすすめ本は本当にありがたいです!!!さっそく1冊手配しました。

Yuiさん
お!さすが同世代。
なつかしいですよね〜。

YoTaさん
夫婦そろって英語を使う機会を増やしたので、必要性を実感しているのだと思います。私も実感してます。

てんも 2009年10月05日 21時16分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー