タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年10月04日(日)

タイの読書人口 [タイで生活]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

タイの読書人口

タイの読書人口は少ないと言われるけれど、タイの書店はいつもそれなりに人が入っているし、海外の雑誌のタイ語版もいろいろな種類が出ている。

本当にタイで本は読まれていないのだろうか?と、疑問だった。

そんなときに、たまたまタイの新聞(ターンセータギット)の過去の記事を発見。それによるとタイの書店数は2007年に1000店を超えたが、人口との比率でみると1店舗あたり3万人になるそうだ。タイの人口は6000万人を超えているので、これは読書世代のみを対象にした割合だと思うが、書店にそれなりに人がいる訳だ。

書店数が減っている日本に対し、タイの書店数は増えている。大手出版社アマリンプリンティングのラリン取締役もインタビューで2008年も不況の影響はそれほど受けておらず、今年も成長が期待できる、なんてことを言っている。

タイの出版業界が元気なのは、本好きにとって明るいニュースだ。

Posted by てんも at 00時41分

コメント

インドネシアには
丸ごとコピー本が普通にあったりして
オリジナルは逆に探すのが難しかったりしました。

タイに来た時印象的だったのは本屋が多いことでした。
母国語の書籍で十分な情報が得られるタイは幸せだと思います。

Yui 2009年10月05日 01時57分 [削除]

うちの旦那さんは本を読まないので,タイでは読書する人が少ないと,勝手に思っていました.
けっこう多いようですね!私は本が好きなので嬉しいです.残念ながらタイ語は読めませんが….

こゆり 2009年10月05日 17時13分 [削除]

Yuiさん
赤川次郎シリーズをはじめ翻訳本も結構出てるんですよね。
多分、本好き人口も少なくないのだと思います。

こゆりちゃん
本好きは、外国でも本屋さんで嬉しくなったりしない??
私はバンコクの紀伊国屋書店さんが心のオアシスかもしれない。

てんも 2009年10月05日 21時19分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー