タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2010年01月11日(月)

転職のお話 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

転職のお話

親戚の子が転職するという話を聞いたのは、年末のことだった。
年明け早々に、辞表を提出したらしい。ボーナスをもらってから辞めたそうだ。

転職先は、旧職場からそれほど離れていない場所にある。
「新しい職場は、より専門知識が活かせるから」と本人は希望に目を輝かせている。

でもこの転職話、少々心配なところがある。

前の職場でもらっていた給料は9,000バーツだというのに、新しい職場は20,000バーツもらえるという。

2倍以上である。

役職が付くのかと思ったら、そうではないらしい。
転職を機により職位が上がり、給料も数千バーツアップした、という話はよく聞く。そうやって転職しながらステップアップしていくのがタイ的出世の一つの方法だとも思う。

しかし、今回の転職は、金額が上がりすぎて逆に心配なパターンだ。
少し話を聞いてみたところ、
仕事内容は今までと大差ないが、勤務時間が確定しておらず、電話があった時に出社するそうだ。

出社時間が決まっていないということは、退社時間だって決まっていないということだ。そうなると、「残業代」は存在しないかもしれない。

これまでの会社は基本給は高くなくても、夜勤手当等をしっかり支給されていた。今度の会社はどうなのだろう。そのあたりのことを考えて上で決断したのだろうか。

転職の相談をされたのであればともかく、すでに転職が決定している彼に、あまり余計な質問をするのもどうかと思ったので、とりあえずは彼の転職をお祝いした。

私の心配は取り越し苦労かもしれない。
まだ20代の若い彼にとっては、何事も社会経験だ。私の心配が取り越し苦労で、新しい職場での仕事が、彼にとって楽しいものであるように祈った。

Posted by てんも at 00時13分

コメント

確かに給料2倍は魅力ですが、その差を考えるとちょっと不安ですね。
でも、タイでは転職は普通だし、若ければマイペンライでは?

うっち 2010年01月11日 09時00分 [削除]

常識的には、給料が2倍以上というのはてんもさん同様心配な気はしますが、常識から外れた会社などもありますので、実際に行ってみないとなんともいえないかもしれませんね。
私の過去の勤務先(在タイ日系企業)で、ある特定のスタッフの給料が入社1ヵ月後に突然倍(9000→18000)になったという、常識外れな例もありましたので。

ニー 2010年01月11日 10時41分 [削除]

転職しながらステップアップしていくのが
タイ的出世の一つの方法、

ですかぁ...

露骨にやられちゃうと困っちゃうんですよねぇ、
日系企業共通の悩みですよねぇ...

よた 2010年01月12日 09時00分 [削除]

転職しながらどんどん給料があがっていくと、どうしても今より高い給料を求めちゃうので再就職の選択の幅がせまくなりますよね。旦那の友人の奥さん、月給10万バーツもらっていたけど、次の職見つかるまで半年ぶらぶらしていました。

ポォ 2010年01月12日 17時13分 [削除]

うっちさん
はい。なにしろ若いので。タイで転職は特にマイナスのイメージもないので、期待通りの職場でなかったら、また次を探せばよいと思います。

ニーさん
そのスタッフは特殊技能を持っていたのでしょうか。
突然2倍はすごいですね〜。
とりあえずは、どんな様子なのか見守ろうと思います。

よたさん
「転職の機会がある」=「有望な人材」
という理解をしている人も少なくないように思います。

ポォさん
次の職場を見つけてから辞めるのが普通なのに、その奥さん先に辞めちゃったんだ。月給10万バーツはすごいな〜。

てんも 2010年01月13日 11時39分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー