タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2010年01月14日(木)

モーリさんの不在 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

モーリさんの不在

ご主人の退職直後にも関わらず、現在モーリさんが1週間のお出かけ中だ。

退職という大きな節目を迎えた直後のご主人を自宅に一人にして、出かけてしまうのはどうなのか、と周囲は思った。

でも、モーリさんにはモーリさんの言い分があった。
モーリさんがこの時期に出かけることは、去年のうちから決まっていたことで、ご主人が仕事を辞めることが決まったのはつい最近のこと。
「直前になって言われても、スケジュールは変更できない」
という訳だ。

モーリさんのお出かけは、北部在住の仲良しの従姉妹が大きな手術を受けたので、その看病が目的。従姉妹にも家族はいるのだが、モーリさん曰く
「あそこのだんなは役に立たない。退院直後の奥さんに食事の用意をさせているんだから。」

それならせめて、モーリさんご主人も一緒に北部に行ったらどうか、と提案してみた。
モーリさん夫妻は供に北部出身なので、親戚の家があちこちにあるのだ。モーリさんが従姉妹の家に泊まり込みで看病している間、モーリさんご主人は他の親戚の家でのんびりすればいい。むこうにはモーリさんご主人のお姉さんの家もあるので、そこでしばらく過ごすのもいいのではないか。定年直後の1週間を自宅で一人寂しく過ごすより、親戚の家でにぎやかに過ごす方が楽しそうじゃないか。

残念ながら、この提案もモーリさんにより即座に却下された。

連れて行ったら「今どこにいる」「何を食べている」「俺にも買って来てくれ」と、30分毎に電話がかかってくるに違いないという。
従姉妹の看病が目的なのに、夫の世話で忙しくなるのは嫌だと言う。
ごもっとも。

こうして周囲の心配をよそに、モーリさんは旅立ってしまった。

残されたのはモーリさんご主人と番犬3匹。そして近くに住んではいるものの、あまり頼りにならない息子夫婦。
モーリさんご主人の退職後の生活は、ハラハラドキドキの幕開けとなった。

Posted by てんも at 00時02分

コメント

モーリさんご主人を大切にしてあげて下さいね。
もしかして苦手だったりして...

よた 2010年01月14日 08時18分 [削除]

よたさん
苦手ということはないですよ。
ただ、モーリさんご主人は、モーリさんいないとダメな人なので、退職直後の環境激変の中、モーリさんが不在になることが心配だったのです。その心配は現実のものになってしまったのですが。

てんも 2010年01月25日 13時42分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー