タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年09月14日(月)

雑木林でコストダウン [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

雑木林でコストダウン

なじみの豆乳屋さんが道端でなにやらキビキビ動いていたので何をしているのかと思ったら、雑木林の木を切っていた。

道にはみ出た邪魔な木を切っているのではなく、木の枝をナムトーフー作りの燃料にするのが目的だと言う。

小さく切った枝を燃やして大豆を茹でる鍋を沸かす。1日に仕込む大豆の量は7Kgと言っていたから、大きな鍋なのだろう。調理用のガスを使うと月に2本のタンクを使用するが、雑木林の枝なら無料。これで毎月500バーツの節約になるそうだ。

1杯5バーツのナムトーフーで利益を出すために、おじさんは様々なコストダウンの努力をしているのだった。

「雑木林の木を切る」と言葉で言うのは簡単だけれど、10cm以上の太さに成長した幹を切り落とすのはそんなに簡単ではない。ヘビとかやたら噛みつくアリとか、そんなのが下にいて、得体の知れない虫だって飛んでいる。そんな場所で涼しい顔してナタを振ってガンガン木を伐採していくナムトーフー屋のおじさん。

おじさんと私は、多分10歳ぐらいしか違わない。おじさんは全然「昔の人」じゃない。それなのに、この自然を利用する生活の知恵はどうだ。かっこいいじゃないか。

30分ほどで、ピックアップトラックの荷台は枝でいっぱいになった。1ヶ月も経てば、切られた枝はまた伸びて、新しい燃料になるのだろう。

Posted by てんも at 00時06分

コメント

ナムトーフ屋のおじさん、素晴らしいですね!
経営者の鏡です!

YoTa 2009年09月14日 10時02分 [削除]

私こんなおじさん好きだなぁ。
タイ人にありがちな一攫千金思考じゃなく、まじめに
こつこつと言う感じなお人柄が伝わってきます。
それにしても、要らないものを利用するなんてエコだ。

ぷんぷく 2009年09月14日 14時21分 [削除]

YoTaさん
こんなお父さんの背中を見て育った息子だから、医学部に入学したんですかねぇ。

ぷんぷくさん
一攫千金思考・・・たしかに(笑)
まじめにコツコツタイプの人のお店は長続きして、利用する側の立場からしてもありがたいです。

てんも 2009年09月17日 19時27分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2009


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー