タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年11月12日(日)

タイ人の秘密 [アメージングタイランド]

タイは年長者を敬う。そして子供はどんなに大きくなっても母親を大切にする。
なぜか、ということは考えたことはなかった。タイはそういう国なのだ、と思っていた。

しかし、母親に対する特別な愛情を子供に植え付ける仕組みがきちんと存在しているようだ、ということを知った。

何のきっかけか、スタッフが子供の頃学校で体験したお坊さんのお説教について語ってくれたのだ。

全校お泊り合宿の際、招かれたお坊さんが子供たちに向かってお話をしたらしい。最初は面白い話ばかりで子供たちはみんな笑い転げながらお坊さんの話に引き込まれていく。
ところがだんだん、話がお母さんに関するものになっていく。

「お母さんはいかにあなたたちを愛しているか」
「お母さんはあなたたちにどれほど多くのものを与えてくれたか」

などなど、子供たちの心に「お母さん」のありがたさを沁み込ませるような話が続く。ご丁寧にバックに美しくも悲しい音楽まで流されると、多感な子供たちは一斉に涙を流すらしい。
「どうして泣いたのか自分でも理由の分からない涙が滝のように流れました。でも全然恥ずかしくなかった。だってその場にいた全員が泣いてたんだから」

その場でお母さんに会いたくなったり、お母さんの「偉大さ」を実感したり、さまざまな気持ちが混ざって、涙という形で現れたらしい。
このお泊り合宿には、泊まりではなく授業の合間に学校にお坊さんが来て出張説教するパターンなどもあるらしいが、とにかく公立学校に通うほとんどのタイ人はこの涙を経験しているらしい。

なんだなんだ。こういう洗脳を受けているから、タイ人は皆お母さんを大切にするのか。タイ人の秘密を一つ知ってしまった気がした。

Posted by てんも at 09時05分

コメント

親想いの優しい子に育ってくれて、
本当に、タイの学校に行かせてよかったと思うよ。

日本の学校に通わせてたら、今頃、
「クソババ〜!!」って、呼ばれてるよ、きっと(笑)

あっけん 2006年11月12日 12時40分 [削除]

私の好きな日本の叙情歌、「母さんがよなべ
をして手袋編んでくれた〜〜」。
私の母さんは、商売で忙しくて余り私の面倒
は見てくれなかったような気がするが、今になって考えてみると、あの忙しさで、よくぞ
色々なことをやってくれたと、30年前に
亡くした母のことを思い出す。
本に「愛情は降る星のごとく」という本が
あったが、本当に親は愛情を降る星のごとく
注ぐものでしょうね。
振り返って、わが子に自分はどう接して
きたのか、内心忸怩たるものがある。でも
かわいい孫を産んでくれたから万事良しと
するのか。

アーチャーン 2006年11月12日 15時57分 [削除]

そんな秘密があったのかー。(笑)
日本でも戦前は教育勅語に親孝行が規定されていて、それを修身(道徳)の授業で洗脳されていたから親を大事にしてました。今は自由だの個性だのをはきちがえて自己中心主義がはびこる世の中になってしまって子供は母親をクソババァー!と呼ぶし、親も子供を虐待して殺す困った世の中です。さて安倍首相は親子の愛情あふれる「美しい国」にできるのかなー......
てんもさん、タイで子育てできて良かったと思いますよ。

うっち 2006年11月12日 16時24分 [削除]

教育はすべて洗脳です。文化によって洗脳の仕方が異なりますけど。社会を継続されるために必要なんですね。いちばんよい洗脳は無理のない洗脳です。よくないのは無理な洗脳。こういうのは長続きしません。

しかし、タイ人の親孝行はてんもさんが紹介してくれた僧侶によるあからさまな洗脳だけでは片づかないほかの要素もあるような気がします。それがなにか、てんもさん、よく観察して解明してくれませんか。本を一冊書く心意気で!

イサーン太郎 2006年11月12日 16時32分 [削除]

西洋の男の人も母親をすごく大切にしてるのをよくみるけど。自然と親を気遣う子供に育てるにはどうしたらいいのでしょうね。

きよ 2006年11月12日 20時36分 [削除]

うーん。そのプログラム日本でもやってほしいねぇ。
親の愛情を当たり前って思ってはいかんよな〜。感謝をしないとね。それは、確かに、自然に気付くというよりは、誰かが子供たちにきちんと教えるべきもののような気がする。

wakaba 2006年11月12日 21時55分 [削除]

嫁から学校でこう言う話を聞かされると聞いた事が有ります。
父親についても同様の話をしてくれるらしいです。
良い事ですよね。

うえの 2006年11月12日 22時23分 [削除]

なるほど!!!!お寺とはきってもきれないタイの人は、お母さんの大切さをそのように聞いて育つんですね。

ポォ 2006年11月13日 12時37分 [削除]

あっけん
タイの子って反抗期はないのかね。
よく日本の教育相談なんかだと、反抗期はないほうが異常ってアドバイスがあるようだけれど。
タイだとテレビドラマの中ではたまにくらいかもしれないね。

アーチャーン
親が愛情を降る星のごとく注ぐのは、子どもがそれだけのものを親に与えてくれているからのような気がします。
DNAにそういう指示が組み込まれているのでしょうかね。

うっちさん
へ〜教育勅語にそんな項目があったのですか。
タイの子ども達があこがれている日本の良い面はずっと残っていて欲しいです。
そういえば日本の小学校は、理科と社会の授業が統一されて「生活」になったんですっけ?
道徳の授業は残っているのかなぁ??

イサーン太郎さん
ハッ!!特別任務ですねっ!!
了解いたしました。タイ人の謎を解明すべく、これからも観察を続けます(*^_^*)
確かタイの保育園で教わる歌には「学校は楽しいな、先生はみんな優しいよ。私たちは大人の言うことを聞く良い子なのよ〜」
という歌もありました!!(笑)

きよ
基本は自分が愛されることじゃないか、と私は思うな。
自分が家族や周囲の人から愛されているという自信がある子は、自分が大切な存在であるということを知っているし、そういう子は同じく大切な存在である他者を傷つけたりはしないんじゃないかな。

wakaba
私なんて、親の本当の気持ちとかありがたさに気づいたのは、自分が親になってから。相手と同じ立場になってからだもんね。遅すぎ(-_-;)

うえのさん
子ども達にとって先生は絶対的な存在ですが、お坊さんもまた、絶対的な存在ですからね。
説得力が違うでしょうね。

てんも 2006年11月13日 12時44分 [削除]

設備の整った私立校に通ったぷーちゃんはこの経験がないんだって。残念ながらその私立校はキリスト教の学校だったのでした(笑)

てんも 2006年11月13日 12時47分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー