タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年11月15日(水)

運命の出会い [タイで仕事]

印刷関連の仕事に興味があって、機会があるごとにいろいろな印刷会社の人に話を聞いてきた。
興味の中心は2つ。

1)ちゃんとイメージ通りの色に仕上げてくれるか、という色の問題。
2)品質が良いことはもちろん、問題が発生したときにきちんと対応してくれる会社かどうか、という責任の問題。

近所にある名刺やインボイスなどの印刷中心の小さな会社では、
「色はもちろん混ぜてるよ。基準通りの色を出すような仕事してたら赤字だよ」
とあからさまに教えてくれた。これはこれで、店の方針としてそういう仕事のやり方で、提示する料金にお客が満足しているのならばいいのだろう。ただ、うちが求めている店ではなかった、ということだ。

オンラインで探した印刷会社は、最初の対応はとても良かった。まずは見本を送ってくれるところも約束通り。
ただし、見本の内容がページが飛んでいたり、逆になっていたり、と「なぜこんなことに?」と謎な出来栄えだった。修正ポイントを伝えて正式に印刷してもらったが、出来上がってきたものは修正点が反映されていなかった。
修正されていないよ、と言うと、もう作ってしまったのでお金を払ってもらわないと困る、と言う。

修正ポイントを送ったものの、修正ポイントを指示している文書の意味が良く分からなかったらそのまま印刷した、という会社もあった。

でも負けるもんか。どこかに絶対、私達が求めている会社があるはず。そう思って気長に探してきた。そろそろ、運命の出会いの予感。
仕事のパートナーとしてお付き合いできる会社との出会いの瞬間は、最高にエキサイティングだ。

Posted by てんも at 10時07分

コメント

日本だと、本刷りに入る前にこれでいいですかって、
色つきの最終見本を1枚もってくるんだけどね。それでも直しがあったら、完璧になるまで出直して持ってくるんだけど・・・・。
タイの印刷会社にはそういうのないのかなぁ?
はやく、信頼のおける印刷会社がみつかると良いね。

ポォ 2006年11月15日 11時24分 [削除]

日系の印刷会社でも結構ピンキリのような
気がします。
見本をFAXで送ってきたり、インクジェットで
印刷して字が滲んでいたり、と様々です。
顧客をどうしたら満足させられるかという意識が
欠如しているのかなぁ。

そむちゃい 2006年11月15日 12時46分 [削除]

シラチャーでは、D-COM という会社が比較的、有名で品質もokという話。でも、他社より1.5〜2倍と高い。うちは、けちなので安い店を使っている。信用できる会社としては程遠いけど、納得いかなければ刷り直してくれる、または料金をとらない。この会社、訂正がなかったことがない。その度に、訂正、修正で、本当に儲かっているのか心配になるよ。

あっけん 2006年11月15日 15時34分 [削除]

私は、
DPTだったか、PDTだったか、使ってました。
早く言えば、トッパンですが。。。
(Data Product Toppan ?)

なんたって、社長が日本語じょうず。
しかも、バレンタインデーにゴルフ用の傘をくれた。
だから気に入った!

たちの 2006年11月15日 15時51分 [削除]

そういえば、結婚式の招待状が出来たら間違いだらけで、
印刷しなおしてもらおうとしたらカードがないから値段が高いのになっちゃったんだよなあ。

noina 2006年11月15日 16時11分 [削除]

お国柄っていうのかしら?日本だったら
絶対に許されないよね〜
年1回仕事でお付き合いのある印刷会社の人に
去年はかなり無理をお願いしたけど、今年は
ちょっと優しくお願いしてみようと思います!
だって、比べちゃったらとても良い会社に
思えてきたし・・・

わか 2006年11月15日 22時11分 [削除]

ポォさん
タイは品質の最終チェックをお客さん側がしているところが謎だよね。
店は客に判断を投げちゃうんだよ。
客がOKだったらそれで問題なし。客がクレームしたら仕方ないから直したりする。
その店独自のQA基準はないのだろうか?と不思議。

そむちゃいさん
日本で商売するのと比べて、競争相手が少ないからですかね?
比較対象がどうであれ、自分の満足できる質にこだわるのがプロだと思うんですけどね〜。

あっけん
なんで客に修正指示出されるまで気づかないのかな。
その時間がすっごく無駄だと思う。一発でOKになるような品質で仕上げて欲しいな。

たちのさん
・・・さっそくゴルフ用傘を作らなくっちゃ!!

noinaちゃん
スペルミスとかね、一度確認すれば見つけられるようなミスを平気でするね。
あれがほんと、謎なんだよな〜。

わかちゃん
あ、ぜひぜひ優しくお願いね(笑)
日本の職人さんはプロ意識が高い人が多い気がする。
特に年配の江戸っ子風のおじちゃん。

てんも 2006年11月17日 10時35分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー