タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年11月17日(金)

転職の習慣 [タイで生活]

入社3年目になるスタッフと話をしていたら、同級生は多い子でもう3度以上の転職を繰り返していると言う。

「だいたいみんな1年ごとに転職してるみたいです。それが自分の給料を上げるテクニックというか・・・」

そうなのだ。転職を繰り返す人は口をそろえて言う。
同じ場所でずっと仕事をしたって昇給は年に数百バーツ。それよりは新しい会社に移ることで千バーツ単位で給料を上げた方がいい、と。

それでも一箇所に長く勤務する人もいるのだから、いろいろな考え方があるのだろうけれど、転職を繰り返す方が「かっこいい」ようなイメージがあるらしいところが困ったところ。
我がスタッフは言う。
「私も友達に、いつまで同じところで働いてるのって言われるんですけれど、早起きしたくないから今のところでいいって言っておきました。」
・・・うちの会社で働くことの理由は、早起きしなくていいことなのかい、と内心ずっこけながらも
「そうだね、遠くの会社に行くと朝早く家を出ないといけないからね〜」と同意しておいた。

こんな話を無邪気に私としているうちは、このスタッフはまだ転職など考えていないのだろう。

先日転職したスタッフと偶然出会ったら、顔色が良くなっていた。人生に行き詰っていたのだけれど、職場を変えたら気分も変わって少しは気持ちも落ち着いたらしい。
タイ人にとって転職は、部屋の模様替えのようなイメージなのかもしれない。

Posted by てんも at 10時10分

コメント

欧米では、転職はレベルアップの手段だというけど、タイもそうみたいですね。

1回転職すると癖になるみたいですね。旦那の親友に一人は、大卒後からずーっと勤めている人と4−5回転職している友達がいます。前者は福利厚生がものすごく整っているから転職する気ないみたいです。なんせ、車の貸与(3−4年乗ったら、新しい車をまたレンタルしてくれる。)、ガソリン代フリー(ガソリンスタンドで専用カードでピッピっとするだけ)、家族の医療費タダ。英国のタイ現地会社なんですが、うーむ、これくらい整っていると転職するの考えちゃいますよね。

ポォ 2006年11月17日 11時58分 [削除]

求人を出すと分かるんですが、転職ばかりして
在籍期間が短い人が結構いますね。これじゃ
仕事は覚えられないだろうなぁと思います。

応募者にもいろいろ理由はあると思いますが、
転職ばかりしている人を採用してもすぐに
辞められてしまうかもしれないので、うちでは
そういう人は採用しないことにしています。

それより、採用したスタッフをいかに長く
勤めてもらうかということのほうに気を使います。
スタッフが辞めるということは、会社として
彼等彼女等のモティベーションを上げて
やれなかったということだと思うからです。

そむちゃい 2006年11月17日 15時20分 [削除]

私の場合ですが、タイ人の転職癖は基本的にあきらめています。
日本人と比較して、もともと「会社」に対する意識が違うのですから仕方ありません。
どんな対策を打っても、辞める人は辞めますね。
本当に残ってもらいたい人には、思いっきりびっくりするようなインセンティブを与えますが、それ以外の人は運命だと思って割り切って、早く次の人材探しをしたほうが得策です。
(ちょっとシビアな考えかもしれませんが、長年苦労して出した結論です・・・)

taengmoo 2006年11月17日 16時36分 [削除]

タイの会社で良い会社(長く勤めたいような会社)を探すのは難しいですしね〜。

noina 2006年11月17日 17時26分 [削除]

早起きしたくない...ボクもそうでした
会社の側に引っ越したもんなぁ...
今は 自宅作業だから快適です

Jonny 2006年11月17日 18時07分 [削除]

うちの会社にも転職で来る人がいますが、やっぱり
すぐやめるんじゃないかと考えてしまって採用しないことが多いです。転職が多いということはそれを受け入れる会社も多いというわけでタイの会社っていうのは達観してるなーと思ってしまうのです。

2006年11月17日 19時31分 [削除]

この掲示板見る前 人事から 営業部の R-RATEのリポートが来ました いやいや ここで公表できない数字です。
ですが 10年以上の人が何人かいますが 私としては
すこし 難しいです というのも もう おう50歳過ぎてる方なので パワーポイントで
プレゼンも。。。。? ですし 営業の子はいま 大体25−30歳の子ばかりなので 輪に入れませんね。

私は HR と相談して その25−30歳組のリテイン率を上げるため いろいろ お食事会とか 展示会とか
仲間意識を高めるように してます。 会社負担で

結果は  去年は 退社した人が一人だけ(笑) これは オフィスの話ですが工場のほうは もっと頭いたいらしいです


 あとは そうだな 道徳 でしょうか 私は営業なので 競争相手にうつられると とても困ります なので
それとなく WE AND THEY を仲間全体で さりげなく
教えてます。 辞められるのはまあ 仕方ないですが 競争相手にいかれると 私もショックですよね でも幸い
まだ ありません (もし貸したら私がしらないだけかも)?。

あとは これぞ! という逸材の 給料を 最初の数年は
とても 伸ばしたあげる です これをやると 他部署からの クレームがあるのですが 

うちは営業無しでは
生き残れない この方法をとらないと あなた(だいたいクレームは 経理 や会計からくる)の仕事がなくなるだけです 営業は オーダーが入る一番大切な部署です
理解してください と説明します
しかし どうして みんあ 給料情報知ってるんでしょうかね やっぱHRが流してるのかな? 

KIMIKA 2006年11月17日 23時42分 [削除]

2回転職したけど、今が一番長いなー。
最初は1年で辞めました。

うっち 2006年11月18日 00時37分 [削除]

ポォさん
お友達の会社、素敵ですね〜(笑)
きっとそのお友達も会社になくてはならない重要人物なんでしょうね。

そむちゃいさん
私の師も、タイ人を長く会社に勤務させるにはモティベーションが大切だとおっしゃってます。
いくら給料高くても嫌なところにはいたくないし、給料低くても仕事が面白かったら長く続けるものですね。

taengmooさん
私も昔はスタッフのことを年の離れた妹というよりは年の近い娘のように感じて絶対に幸せにしてあげないと、と気負っていたのですが、彼女達はもっとドライですね。
会社にそれほど多くを求めていないというか、一緒に働いている時間はお互い楽しくやりましょう、という感覚の方がいいみたいですね。

noinaちゃん
ドキッ。長く勤めたい会社ってどんな会社か、今度じっくり教えてね。

Jonnyさん
自宅作業もいいですよね。
私自宅作業してたとき、お昼も自分で好きなもの作って食べられるし合間に洗濯などの家事もできるしで、結構楽しかったです。
今はオフィスに入るときの軽い緊張感も好きですけど。

どちら様?
私の友人に某有名国立大学Cを出た子がいるんですが、もう10以上の会社を渡り歩いてますね〜。
屈託なく笑いながら、「今の会社はマイチョープ」といって次の会社に面接に行くんです。
本人は優秀だし、責任感あるし、面接先の企業も気に入って即採用決定。でも半年経たないうちにまた面接行き始めちゃうんですよね〜。
採用する方も勇気ありますよね。

KIMIKAちゃん
給料情報は日本人が人事部スタッフにどれだけ厳しく口止めしてもなぜか漏れている・・・と、以前勤めていた会社の総務部長が頭を抱えていたけど、人事部が言わなくたって、給料もらってる本人同士でいくら上がったとかいくらになったとか、情報交換してるから秘密にするのは無理だよね。
仲間意識を高めるのは大切だね。

うっちさん
分野は同じ会社?
詳しくお話聞かせてください(笑)

てんも 2006年11月18日 10時55分 [削除]

一昨年タイの部署(会社)設立15周年で永年勤続表彰と
言うのをやったところ勤続15年のスタッフが数人居ました。
当初10人ほどでスタートしたそうで定着率が良いでしね。
今年前半駐在員が入れ替わって体制が変わった時に辞表を
出したスタッフが居たけど結局今年退職者は出ませんでした。

10年前は社員30人。今60人。きっとちょうど良い規模なん
でしょう。社内恋愛、社内結婚も多いです。

うえの 2006年11月18日 12時56分 [削除]

次へ 次へ

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー