タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年02月25日(日)

アリの卵のスープ [タイ料理]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

スープの中には、卵についてきたアリの姿も。

タイで生活しているとアリは蚊と似た存在になる。タイのアリは意味も無く噛み付いてくるのだ。しかも噛み付かれると痛くて痒い。私の場合、アリに噛みつかれると皮膚が数センチ腫れ上がる。だからアリは憎らしい虫。

モット・デーンという体長1cmぐらいのアリは憎らしいだけでなく非常に怖い。大きくて迫力があるし、噛みつかれると非常に痛いのだ。その迫力からか、タイでは仮面ライダーの愛称にもなっている。

そのモット・デーンの卵を、北部の人はスープにしてしまう。貴重な蛋白源らしく、子どもに食べさせる時には玉子焼きに入れるのだそうだ。
味はこってり。今では珍しく貴重な料理らしい。

普段憎らしいアリを「食べてしまう」。それがなんだか非常に「食うか食われるか」な野性的な感じがして、気に入ってしまった。

Posted by てんも at 00時40分

コメント

私もモット・デーンに襲われたことがあります。
イサーンであまり暑いので大きな木の陰に入ったら、足から這い上がってくるし、上から降ってくるしで阿波踊りを踊らされてしまいました。^^;
ところでこれは蟻の卵ですか?私もマレーンは苦手です。

うっち 2007年02月25日 09時58分 [削除]

子供のときから食べた経験のないものは
食べるのに勇気が要りますね。
イスラムが豚を食べないのは、信念で
食べないのではなく、食べられないという
ことだと思います。
でも、香港で食べる蛇のスープは鶏肉の
スープのようでおいしいですよ。
東北のタイ人は蛇は食べないのかな。
何でも食べると聞いたことはありますが。

アーチャーン 2007年02月25日 10時08分 [削除]

こんな料理があったんですね…
南部に調査に行った際に、「モットデーン」に思いっきり噛まれた後に「食べてごらん」といわれて料理に出てきたときは思わず引いてしまいました。(苦笑)

でもスープになっていたらまだ食べられるかもな…

コリキ 2007年02月25日 11時46分 [削除]

ウチはイサーンですけど、普通に食べますよモッデーン。
家の庭のマンゴーの木にいっぱい巣を作ってます。
でも、噛まれまくるので取るのは大変です。

サブロウ 2007年02月25日 20時37分 [削除]

てんもさん、食べたんですよね。味と舌触りはどんな感じでしたか?きになるなー

ポォ 2007年02月26日 06時18分 [削除]

うっちさん
大きな木の陰って危険なんですよね〜。幹にやつらが這ってますからね(笑)
白いのがアリの卵です。結構大きいです。

アーチャーン
「食べられない」という言葉、タイ人は非常によく使いますね。
食べたことないものに対する警戒心は意外なほど高い気がします。

コリキちゃん
思い切りかまれた後だからこそ、ガンガン食べちゃってください(*^_^*)
さすがに私もバッタと芋虫は食べられないんだけどね・・・。

サブロウさん
あ、普通にマンゴーの木から取ったりするんですね。
専門の業者さんもいて、木に取り付けたネットに巣を作らせて取るそうですね。

ポォさん
卵は結構こってりしてたよ。タンパク源というのがよく分かった。
あとはスープの色で分かるように結構辛くて、あんまり食べられなかった。

てんも 2007年02月26日 07時13分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー