タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年03月10日(土)

正確な情報はどこにあるか。 [タイで仕事]

タイ語の法律の翻訳を依頼され、原稿を眺めているうちに妙なことに気づいた。法律には法律の型のようなものがあるのだが、その原稿はその型に従っていない。しかも、タイプミスとしか思えない変なスペルまで出てきた。
「これは絶対におかしい」

クライアントはタイのある官庁のウェブサイトで公開されているタイ語の法律をダウンロードしていた。その原稿には明らかに誤りが含まれているので、法律を扱う専門機関のサイトで公開されている原稿を翻訳することを提案したのだが、クライアントは「官庁のウェブサイトで公開されている法律文に誤りがある」ことが信じられず、私の説明に半信半疑のようだった。

クライアントの気持ちも分かる。政府機関ウェブサイトで公開している情報が誤っているはずがない。しかも法律文である。
これは大いに問題ありだな、と思い、その政府機関に勤務している友人に尋ねてみた。

政府高官の側で仕事をしている彼はあっさりと言った。
「あー、それは多分、ウェブサイト用に法律文を打ち直して、その時にミスしたんじゃないかな。困ったもんだね。ははは。」

法律文を打ち直してはいけません。
しかも笑い事で済ませてはいけません。

多くのタイ人には「人間のやることだもの。ミスだってあるさ」という共通の認識があるような気がする。そして部下や相手のミスを許すことが「大人」の美徳であり、寛大な人間の証であると考えられているような気がする。

ミスや不良を限りなくゼロに近づけるためにチェック機能を整備し、継続して努力する日本の改善運動とは、「ミス」に対する考え方が根本的に異なっているのだ。

それではタイの全てがいい加減なのか、といえば決してそうではなく、「ミスは許されない」という認識で仕事をしている場所もある。前出の法律専門機関がそうである。
肝心なのは、「だからタイはいい加減で・・・」と決め付けてしまうことではなく、「どこに正確な情報が存在するのか」を見極めることだと思う。それは非常に難しいことではあるのだけれど。

Posted by てんも at 00時10分

コメント

タイと日本の狭間に立ってご苦労さまです。

どっちからも理解されないう苦労を私は
嫌と言うほど経験しました。でも溝は簡単には埋まりません。

根気良く説得する以外にはないですね。

人間「運、鈍、根」と申しまして、根気で
粘ることですね。

アーチャーン 2007年03月10日 07時39分 [削除]

法律文までそんなんですか・・
以前税関に足を運んでいた頃、関税率の本で調べ関税率を自分で理解してから税関の職員に掛け合わないと、聞く職員によって言う事が違うので苦労した覚えがあります。
本当に根気です。 間違いは誰でも犯すけど、犯していい間違いとそうでない間違いがある事があることを早く理解してもらいたいですよね。

らぴ 2007年03月10日 11時07分 [削除]

ただ言われた仕事をやるんじゃなくそういう+αの提案をするテンモさんはすばらしいですね。
一歩踏み込んだ気遣いを僕もできるようになっていきたいもんです。仕事でも実生活でも。

ジロチョー 2007年03月10日 16時03分 [削除]

私もタイの法律「民商法典」のWEBで公開されている文に誤字があったのを見つけた記憶があります(随分前なのでどのような内容だったかすっかり忘れてしまいましたが)。多くのタイ人にとって法律とはその程度の認識なのかもしれません。

正確な情報を掴むのが難しいということは、それだけ正確な情報の価値は高いですので利益率の高い商売ネタになるように思います。

ニー 2007年03月11日 00時28分 [削除]

アーチャーン様
外国人同士がなかなか分かり合えないのは、言葉の問題以前に一つ一つの問題の捉え方の違いなのでしょうね。そこが面白いところでもありますね。
「運、鈍、根」鈍はなんだろうと思ったら、ねばり強さのことなのですね。
「幸運と、根気と、ねばり強さ」好きなことに取り組んでいる人なら、楽しんで続けることが「運、鈍、根」につながりそうです(*^_^*)

らぴちゃん
関税率はねぇ・・・正確な情報がどこにあるか、分からないものトップ3に確実に入るね。大変なお仕事をしていたのね。

ジロチョーさん
自己防衛のためでもあるんですよ(*^_^*)
だって間違った原文の日本語訳は、日本語だけ読んでもどこかおかしいと感じる訳文になってしまうし、それを読んだクライアントには翻訳者の能力を疑われてしまいますもの。
それにせっかく労力使うのならば、ちゃんと役立ててもらえるものを作りたいです。

ニーさん
ウェブっていうのは、危ないですね。インターネットを使う上で最初に認識すべきことではありますが。
そうか、商売ネタですね。ニーさんは毎度毎度鋭いですねぇ。すごい!!

てんも 2007年03月11日 08時36分 [削除]

法律文を読んで、分からない部分をタイ人スタッフに聞いたら、タイ人同士で意見が分かれたことがある。解釈の仕方がそれぞれ違ったのだ。で、最後に2人は言った。「わざとはっきり書かず、どっちにでもとれるようにわざと書いてあるのよ。。。」

本当にこういうこと有得るの?

それから、本文とは関係ありませんが、
「セタキット ポー ぺエン」って、日本語に訳すとどうなるのか、ずっと気になってしょうがないんだけど。。。

「とても良いというわけではないが、食べていける、生きていけるという最低ラインを満たした経済」かな?と私は思うが翻訳としてはとてもじゃないけど、使えないだろうな。。。(爆)

あっけん 2007年03月11日 12時56分 [削除]

セータギット・ポー・ピアンは、週刊タイ経済さん他で「充足経済」と訳されているよ。
新しい言葉を最初に訳す人ってすごいね。

てんも 2007年03月13日 19時31分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー