タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年03月15日(木)

お父さんの背中 [タイで生活]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

この背中から技術を学ぶ弟子もいるのだろうな。

ご近所さんの新築住宅の内装を請け負ったのは、モーリさん(夫母)の昔の教え子。(モーリさんは早期退職する前は教師をしていたのだ)
彼女は学校が長い休みに入ると内装職人である父親の職場で遊んで過ごした。そうして、いつのまにか仕事の内容を覚え、今では父親と同じ内装職人として働いている。
女性の方が丁寧に仕事をすると、評判も上々なのだという。

手に職を持っている女性職人て、かっこいいと思った。


Posted by てんも at 00時10分

コメント

たしかによく内装工事のときに職人のお子さんも一緒にきて手伝っているのを見たことがあります。建築や内装はよく遅れがちで納期に間に合わなかったりしますが、みたところ、きれいな壁ですね。腕も良いし、恩師のお宅となれば納期に間に合わないなんてないよね。安心だ。私の住んでいる家は、2年遅れで完成したんだよ。
いいかげんだよね。

ポォ 2007年03月15日 05時46分 [削除]

私のいとこ(男)は大工です。家族で大工をやってるんだけど、そこのうちのおかあさん(私のおば)が「私は現場には行かないほうがいい。女が現場にいるより男だけのほうがお客に信頼される。」といってました。タイとは違うね。

きよ 2007年03月15日 06時39分 [削除]

たしか、
タイの新国際空港も1年遅れだったような・・・
1〜2年は想定の範囲内?

たちの 2007年03月15日 11時18分 [削除]

職場に子供がいても寛容なタイならではですね。
日本では親の働く姿はなかなか見れないもんね。

うちもオフィスに我が子がうろちょろうろちょろ。

日本じゃ許されないが、ここはタイ、許してちょ!

あっけん 2007年03月15日 17時27分 [削除]

ポォさん
モーリ邸ではなくそのご近所さんだけれど、建設ラッシュで次の仕事が決まっているらしく、かなりテキパキと仕事していたよ。2年遅れ・・・急かす気もなくなってしまいそうだね。

きよ
日本の大工さんは男の世界なのかな。そういうのも格好いいね。現場に出ないで陰から男を支えるっていうのも、すごいな。

たちのさん
遅れていたのを無理やり急がせたせいで、今になって問題続出してますね。あれは元々の計画自体が甘かったんじゃないでしょーか・・・

あっけん
夫婦共働きで学校が休みの時期は、親にとって頭が痛い時期だね。お互い事情が良く分かるから、周囲が寛大でいてくれるのが救いだね。

てんも 2007年03月18日 08時45分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー