タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年03月30日(金)

おしどり夫婦 [タイで生活]

お料理スイッチで思い出したけれど、まだ会社員をしていた頃、私が大好きだった上司はタイから日本に帰国してから毎月、わざわざタイまで雑誌を送ってくれた。タイ人スタッフにも楽しめる様にファッション雑誌やインテリア雑誌、そして必ず食べ物系の雑誌が一冊。料理本よりも、おいしいレストランや料理を紹介する雑誌の方が多かったと思う。日本から届く雑誌を眺めていると、お料理スイッチが入りまくりだった。味わったこともない料理の外観からヒントをもらって包丁を握る。似たような料理やなぜか全く違うけれども初めての料理が出来上がるのは楽しかった。

その上司の奥様はお料理雑誌などで研究しながら、毎週最低2品は「新しい料理」を食卓に出してくれるのだということだった。その時は「週2品は無理だとしても、せめて月に2品は新しい料理に挑戦してみようか」と思ったのだけれど、そのことをいつの間にか忘れていた。この機会に月に2回の新料理作戦を復活させよう。

雑誌の送付は上司が再度の海外赴任で愛する奥様とともに新たな国に旅立つまで続いた。日本語の活字が不足していた当時の私に取って、それは何よりも楽しみな贈り物だった。

Posted by てんも at 00時03分

コメント

素敵な上司ですね。
新しい料理への挑戦。すごいな。
レシピなくても写真だけで近いものがつくれるなんて、
これも才能??

ポォ 2007年03月30日 10時38分 [削除]

おしどりは、山形県の「鳥」でござるよ。

んなわけで、ウチもおしどり夫婦。  ふぅふぅ〜(-_-;)

たちの 2007年03月30日 15時30分 [削除]

ポォさん
いや、気の赴くままに作るだけだから、本物と同じ味かどうかはさっぱりわからないの(笑)
自分で作った料理はどんな味でもおいしいからね♪

たちのさん
あ、押してる、押してる〜(笑)

てんも 2007年03月31日 07時35分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー