タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年06月06日(水)

空港からの電話 [タイで生活]

画像(180x143)・拡大画像(640x511)

空港からの電話は寂しい

夜の10時を過ぎた頃、携帯電話がなった。
誰かと思ったら今日で4年2ヶ月のタイ駐在を終えて日本に帰国するお友達だった。空港からだという。
帰国の直前に最後の電話をくれたのだった。

空港からの電話は反則だ。別れの寂しさが急に胸に迫るじゃないか。圧倒的な存在感を示す巨大な物体、あの飛行機がすぐそばで彼の搭乗を待っていて、これから彼を遠い場所に連れて行ってしまう、と思うとお別れがすごく現実味を帯びてくる。

先日お別れの食事会をしたときは、心から笑って「またタイでおいしいもの食べよう」と握手できたのに。
今日のこの電話は非常につらかった。多分それは私が現実を直視していなかったからなんだけど。

彼は「日本社会への復帰」に少々の不安を感じているようだった。タイ社会でタイ人スタッフと仕事をするうちに自然に身につくタイのリズム。それをそぎ落として日本のリズムで仕事ができるようになるまで、最低でも3ヶ月はかかると言われている。

また日本で活躍する彼の近況報告を楽しみにしていよう。
タイが恋しくなったら、いつでも帰ってくればいい。飛行機でたった6時間の距離なんだから、一緒に豪華なタイ料理食べて笑っておしゃべりすれば、また元気が出るはず。待ってるからね。

Posted by てんも at 05時46分

コメント

私のときは、万歳三唱したらしいじゃん!! って(^o^;)

そっか、飛び立ったか。
今ごろ日本人になってるかな。 身も心も顔も。。。

幸い、日本はこれから暑くなるので、
リハビリには持って来いですね。
私もこの頃でしたよ。

たちの 2007年06月06日 14時32分 [削除]

送り出すのって寂しいよね。
それが空港からの電話となれば、やっぱり寂しさ倍増だね。
私も知り合いがもう少しで帰国します。
今まで何人見送ったんだろう??

らぴ 2007年06月06日 15時25分 [削除]

そんな気持ちにさせてしまった友達が何人いたかなー(ーー;)

のいなあ 2007年06月06日 16時16分 [削除]

うん、なんか私も不思議に感じます。パタヤに次、行っても、彼はいないのかぁ。。。
空港からの電話。なんだか切ないねぇ。
BGMは竹内まりやの「駅」だな!

wakaba 2007年06月06日 16時22分 [削除]

たちのさん
温度差があまりないのは救いですね。
アパートを探すところからはじめなきゃって行ってたけど、無事に寝る場所見つかったかなぁ。

らぴちゃん
うん。送り出すのは寂しい。
でもネットで繋がっているしね。この時代に生まれて、本当によかったよ。

のいなあちゃん
そんなのいなあちゃんの近況も、ネットで知ることができるしね♪

wakaba
そうだね。彼がいないとパタヤがちょっと寂しいね。
電話の向こうに「アテンションプリーズ」って眠そうなあの声が聞こえてごらんよ(笑)。切ないよ〜!!

てんも 2007年06月07日 07時15分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2007


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー