タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年09月16日(日)

仕事はつらいか、楽しいか。 [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

青空の下、今日も思いっきり働こう

長年タイの製造現場で監督を務めた実績を買われ、頼み込まれてタイの別の工場で働くことになった人に会った。定年退職後、日本で4年暮らした後の再来タイである。

タイに帰って来て20日。まだ100%感覚が戻った訳ではない、と言いながらも、表情が輝いている。新小学一年生の様に、希望に満ち溢れているのだ。

タイ語はほとんど忘れちゃったから、事務所でしゃべっていても全然出てこないんだけど、現場を歩くと自然に出てくるんだよね。

明るい表情からは、現場で働いてきた人の誇りが見えた。

その人があまりに輝いているので、仕事って本当は楽しいものなんだよな、と改めて気づかせてもらった。
それなのに、なぜ、「仕事=嫌なもの、つらいもの」というマイナスのイメージが定着しているんだろう。
「生活のために、嫌でもやらなきゃいけない」義務だからだろうか。

嫌いなことが義務になると、苦痛になる。仕方なく嫌なことをやるのは、自分の時間を売っているのと同じこと。
でも、「仕事」の本質は、他人から必要とされて、自分のできることを提供して、他人を喜ばせてそのことで自分も嬉しくなる、そんな人との触れ合いなんじゃないだろうか。

「せっかく声をかけてもらったんだから、思いっきりやらしてもらうつもりだよ」
腕まくりして語る姿に、大切なことを教えてもらった。

Posted by てんも at 07時07分

コメント

私はまだ三十路半ばの若輩者ですが、同じ製造現場で働く者として少しばかりお気持ちが分かるような気がします。決して上から目線ではなく、同じ製造現場で働く者として日本の技術を理解してもらいつつ彼らオリジナルの技術にも耳を傾けこちらも学ばせて頂く。そんな中に人種の壁など軽く超越する信頼関係が成り立ち、単なる仕事の枠組みから逸脱していき、マンネリ化した日本の環境では得られなかった仕事への意欲・充実感が顕著に実感出来るようになるのではないかと僅か一ヶ月半の滞在ですが日々思っていました。本来そんな感情は仕事においては副産物であるべきかもしれませんが、日々異常な程感じざるをえないこの感情を押し殺すことが出来ずに張り切ってしまう正の循環作用かと思ってます。仕事にせよ遊びにせよ海外というのは多少舞い上がりますが、この異常な程の舞い上がり(私だけかもしれませんが)タイの風土・文化・国民性のおかげであると勝手に信じ続けていたいものです。

シーラチャ・マイスター 2007年09月16日 10時04分 [削除]

どんな仕事でも楽しんでできるようにするのだけど、
それを理解しないでふざけてると思って目くじら立てる人多いよー。

のいなあ 2007年09月16日 19時39分 [削除]

日記に仕事の愚痴ばかり書いている私には正直耳が痛い話です。
辛い事ばかりではやってられなくてもちろん楽しい事も
多いのですが、楽しい事って話題にし難いですよね。

うえの 2007年09月16日 20時09分 [削除]

シーラチャ・マイスターさん
タイ滞在中の充実した毎日が想像できます(*^_^*)

のいなあちゃん
あぁ、そこ、難しいねぇ。
がんばるんだぞぉぉ。

うえのさん
でもうえのさんの日記は前向きだから、読んでいて元気がもらえるし、楽しいですよ♪

てんも 2007年09月18日 23時33分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー