タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年09月18日(火)

脳はなにかと言い訳する [読書の記録]

脳はなにかと言い訳する

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

脳の仕組みについて、現在までに解明されたことが解説されている。「記憶」「言語習得」など、普段当たり前に思っている動作や行動が、脳のどんな構造や仕組みによって可能になっているのか。身体と脳の関係についても教えてくれる。

この本に、「作業興奮」のススメ ということが書いてある。
どうやってモチベーションを維持するか、に関係するのだけれど、その方法は二つあって、一つは「外発的動機付け」つまり、脳の内側から動機を与えるのではなく、外から与える「ご褒美」のこと。

もう一つは、体を実際に動かしてみること。やる気がなくてもまず始めてみる。年賀状を書く気になれなくても、まずは机に座って書き始めてみる。そうすることで、脳がしだいに活性化し、やる気が出て、のめり込んでいく。これを「作業興奮」というそうだ。

つまり、やる気が出るまで待つのでなく、とりあえず体を動かしてはじめてみる。するとそのうち脳もその気になって、やる気が出てくる。という順番らしい。

朝が弱いときは、布団の中で頭が目覚めるまでじっとするのではなく、まず体を起こして、歯を磨いたり、カーテンを開けたり、体を動かすとそれに引きずられる形で脳が目覚める。

これを知ってから、朝起きるのが前よりも少しだけ上手になった。

Posted by てんも at 07時04分

コメント

先週のNHK「ためしてガッテン」で集中力についてやっていました。集中力の維持には、ペンと紙。 紙にこれを終わらせたら食事をおごってもらえるというのを書き、
目の前において作業をしたら、本当に効率が上がったのだ。これは、褒美を与えるということだよね。ちなみに印刷された字ではなく手書きじゃないとだめなんだって。不思議ですね。

わたしは、どちらかというと嫌だなーと思いつつも
とりあえず動いたらエンジンがかかるタイプです。

ポォ 2007年09月18日 10時56分 [削除]

仕事をやる気が起きない時は事務所のホワイトボードに
その日やるべき予定をずらずらと書いて終わると横棒を
書いて消しています。ホワイトボードだと他の人に見ら
れますが、これが逆に良いみたい。
「外発的動機付け」になるのでしょうか?

うえの 2007年09月19日 01時24分 [削除]

ポォさん
集中力か。限られた時間に効率よく仕事をこなしたい場合に有効そうだね。
私もさっそく真似しよう♪

うえのさん
予定を書き出すのって有効ですね。
書いてみると、優先順位も目に見えますし。
うちの会社のホワイトボードも大活躍中です。

てんも 2007年09月22日 21時02分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー