タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年04月16日(水)

同じ本が2冊 [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

同じ本が2冊

日本から来るお友達には、いろいろ運び屋さんをお願いすることがある。ヨガボールをお願いしたり、フルートを運んでもらったり、雑誌を買ってきてもらったり。

でもそれは、全て旅慣れた一人旅のお友達。子連れのお友達には何も頼まないことにしている。子連れというのは子供の荷物だけでお土産を買う前から大荷物なのだ。

それなのに、先日日本から来たお友達には、子連れ旅にも関わらず大量のお土産をいただいた。その中にはタイでは貴重なほうじ茶(しかも生協)もあった。そして彼女はなんと本まで持ってきてくれたのだ。

本のプレゼントは本当にありがたい。値段も安くはないし、しかも重いし。

しかし残念ながら、私は彼女が持ってきてくれた本をすでに持っていた。同じ本が2冊並んでしまった。

でも、わざわざ本を持ってきてくれた彼女の気持ちに、私の心はとてもあったかくなった。
彼女が持ってきてくれたこの本は、喜んでもらってくれそうな人にプレゼントしようと思う。この本は多分、もう一度海を渡って日本に帰ることになると思う。タイを往復する書籍なんて、数奇な運命も面白いなと思う。

Posted by てんも at 00時58分

コメント

日本に送るくらいなら、慢谷にある日本書籍の古本屋に売りましょう。誰かが買って楽しめるはずです。2月にも一冊読み終えた新刊書(日本ではかなり売れた本)をプロムポンのコンコースの古本屋で売ってきました。100Bで売れて、帰りは荷物が減って一石二鳥でした。

うっち 2008年04月16日 22時20分 [削除]

本って実は本当にうれしいおみやげですよね。タイ国内の日本書籍専門店の本って高いですものね。

ポォ 2008年04月17日 07時44分 [削除]

うっちさん
タイの古本屋さん、相当な古本でもちゃんと引き取ってくれるんですよね。
今回の本はたまたま日本からやってくるお友達がいるので、その方に預けようと思います(*^_^*)

ポォさん
うんうん。
でも、輸入税払うこと考えたら素直にバンコクの日系書店で買った方が安いかも(笑)

てんも 2008年04月17日 14時01分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー