タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年06月25日(木)

最後のリンチー(ギムジェン) [タイの野菜・地産地消]

画像(239x320)・拡大画像(479x640)

最後のリンチー(ギムジェン)

リンチーが終わる時期が近づいているらしい。

我が家のリンチー大好きなリンチー博士(だんなさん)によると、リンチーにもいろいろ種類があって、最後に出回るのがこの「ギムジェン種」だということだ。

ギムジェン種の特徴としては、実が小さめで種も小さめ。濃い赤色をしている。リンチー博士はこのギムジェン種がお気に入りだ。
私は一口食べて、香料のような香りが鼻について二個目を食べようとは思わなかった。

私のお気に入りはリンチーの季節の最初に出る「ホンフアイ種」これが一般的に「リンチー」と認識されている種かもしれない。酸味と甘味が共存して、香り豊か。

その後に登場するのが肉厚の「ジャカパット種」
ホンフアイ種より粒が大きくて果肉にたっぷりの果汁が含まれている。果物屋台のおばちゃんによると、残念ながら今年のジャカパット種はあまり出来がよくなかったらしい。
たしかに、例年よりこぶりで、味もいまいちだった。

他にもいろいろ種類があるかもしれないが、リンチー博士のリンチー講義では、この3種類が取り上げられたのであった。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

一般的なリンチー。ホンフアイ種

一般的なリンチー。ホンフアイ種

Posted by てんも at 00時19分

コメント

え?もう終わりなんだ。残念。やっぱり品種によって微妙に違うんですね。私はといえばばくばく食べてしまい、あまり味の違いが感じないタイプなので。。。

ポォ 2009年06月25日 00時36分 [削除]

ぜひとも講義を聞いてみたいですね。

たけぞう 2009年06月25日 00時55分 [削除]

そうですか、リンチーは6月で終りですか...
しかしながら、ギムジェン種は一番美味しそうな
熟れてそうな色合いですね。食べてみたい!

YoTa 2009年06月25日 08時21分 [削除]

30数年前、香港ーシンセンの国境で枝付きのまま売って
いたのを思い出します。
種類が何種もあるとは知りませんでした。

JJ 2009年06月25日 09時16分 [削除]

ポォさん
私も去年まではリンチーが食べられなかったんだけど、今年はアレルギー症状も治まったらしく、リンチーもランブータンも食べ放題だったよ♪♪

たけぞうさん
聞いてやってください。

YoTaさん
この時期に来るといろいろ食べ物食べ放題ですよ。

JJさん
私も最近になって知りました。

てんも 2009年06月29日 23時53分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2009


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー