タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年11月29日(土)

経済学思考の技術 [読書の記録]

画像(239x320)・拡大画像(479x640)

経済学思考の技術

統計的なデータを用いて議論をする際に注意が必要なのが、因果・相関の区別の難しさ。単なる同時発生傾向である「相関関係」に引きずられることなく、原因と結果の「因果関係」を掘り起こしていかなくてはならない。このために必要となるのが、「論理的関係を考える」ということ。

この本では、論理の基本を理解するために、以下の解説から入っている。
・演繹法と帰納法
・三段論法で誤った推論を確認する
・必要条件と十分条件
・逆・裏・対偶
・背理法

その後「経済学の基本設定」「現実経済を理解するための経済理論」「データと理論の合わせ技」「経済学思考の基本ルール10」と続き、最後に本書で身につけた技術を活かして現実の経済政策を考える「日本経済への処方箋」で締めくくられている。

必要条件と十分条件は、分かっていたつもりだけれど、実は正確に理解してはいなかったことに気づかされた。

例えば、
(前提A)すべての費用削減は利益率を向上させる
(前提B)すべての株価上昇は利益率向上により生じる
→(結論)すべての費用削減は株価上昇に結びつく

この推論に穴があることは必要条件と十分条件を区別していれば見破ることができる。

データを使って考える。推論をデータで検証する。そういう姿勢を身につけるために大切なことを教えてくれる本だ。
まずはこの本を、何度も繰り返し読もうと思う。

Posted by てんも at 00時07分

コメント

前提Bが必要条件で、十分では無いということかな。

うっち 2008年11月29日 10時06分 [削除]

うっちさん
さすが物知りうっちさん。我が家の知恵袋。
えぇ。多分そうです。あと2回ぐらい繰り返し読まないと自信持って「そうです」と言えません(汗)

てんも 2008年12月01日 20時32分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー