タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年05月03日(木)

カオ・ムー・デーン(チャーシュー乗せご飯) [タイ料理]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

カオ・ムー・デーン

タイの辛くない料理の代表といえば、カオパット(チャーハン)やカオマンガイ(チキン乗せご飯)それに自分で調味料を追加するラーメンなどがある。そして、このチャーシュー乗せご飯も辛くない料理の代表。

真ん中のが薄く切られたチャーシュー。右側がムー・グロープという豚肉を油で揚げたもの。鳥のから揚げの豚肉版で、脂身の部分がカリカリにあがっている。
奥に少し見える赤いのが、タイ風ソーセージ。
正確には、チャーシューだけ乗っているものをカオ・ムー・デーンと呼び、カリカリ豚肉も乗っているのは「カオ・ムー・デーン・ムー・グロープ」と呼ばれる。

オレンジ色のソースがかかった状態で運んでもらうのだが、この上に黒酢ソースのように酸っぱくて黒糖の旨味を含んでいる黒いソースをかけて食べる。

1皿35バーツ。

Posted by てんも at 00時20分

コメント

テンモーさん、いつもタイ料理の話面白く拝見して
います。

ところで、テンモーさんに聞きたいことがあります。
それはチェンマイの特産品で、生の豚肉を醗酵させた
もので、どうしても名前が思い出せません。

私は1960年代に、これを酒の肴によく食べました。
ソーセージを思わせるような形をしてますが、味は
もっと濃厚です。

実は、1980年代後半に再度タイへ赴任したとき
バンコクで探しましたが、見当たりませんでした。
チェンマイに行く機会はかなりありましたが、仕事
で頭は一杯で、いつも聞き漏らしていました。

昔の観光協会の雑誌では、現代は人工的に醗酵させて
いるが、昔は自然発酵で、醗酵するとき中から空気
が出てきて音が鳴っていたとありました。

生豚ですが、醗酵しており、醗酵熱が出るから全然危険性はないということでした。

これは、現在バンコクで手に入るのでしょうか。
また、名前は何というのでしょうか。教えていただければありがたいです。

アーチャーン 2007年05月03日 06時10分 [削除]

在職中は週に1度は食べていたカーオムーデーン。
そういえば最近食べていないわ♪
これ美味しいんだよね。 ソースの甘みといい、ムークローブフ歯ごたえといい!
あ〜、お腹空いてきた(爆

らぴ 2007年05月03日 11時11分 [削除]

旦那の家族が大好きで、よくお昼に姑がかってきてくれます。頻繁にたべると肉・ご飯・卵メインで、30代後半には健康によくないかも・・・・。

>アーチャンさん
そ・・・それは、多分ネームではないでしょうか?
私は酸っぱくて食べれません。タイの食べ物の発酵系は
苦手です。

ポォ 2007年05月03日 11時42分 [削除]

私の同僚は自分では調味料を使わないで出された物を
そのまま食べるので、この料理も黒いソースをかけずに
食べて「この料理は甘いから嫌い!」と言います。
かけると美味しいのに・・・

うえの 2007年05月04日 00時55分 [削除]

アーチャーン様

その食べ物が酸っぱい豚肉のソーセージでしたらポォさんの言う通り、ネームかもしれませんが、ネームがチェンマイ名物かどうかは不明です。
ネームについてはこんなページを見つけました。
http://kanchanapisek.or.th/kp8/cem/cem501e.html

らぴちゃん
お米がおいしいお店のが最高だよね♪

ポォさん
私は酸っぱい系結構好きだけど、生は苦手なんで、焼いた酸っぱいサイグローク・イサーンが好き。

うえのさん
私は酸っぱいのが好きなので、黒いソースを多めにかけて食べます。
オレンジ色のソースだけだとちょっと甘いですね。

てんも 2007年05月04日 23時45分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2007


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー