タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年05月07日(月)

食堂のラオス人 [タイで生活]

食堂のおばちゃんから聞いた話。
そこで働いている店員さんは全てラオス人なのだという。彼女達がタイ人ではないことを、言われるまで全く気づかなかった。

わざわざラオス人を雇うということは、経費削減のためかと思った。ところがそれはとんでもない勘違いだった。
アパートとまかない付きで、日給200B(600円)支払っているという。
今年の1月に適用になったチョンブリ県の最低賃金が172バーツ。つまり、工場のラインで働いているタイ人は日給172B、場合によってはそれ以下で働いていることもある。
それなのに、その食堂ではわざわざ高いお金を払って外国人を雇っているのだ。

「なんで???!?」
「タイ人は長続きしないのよ。毎日働いてもらうためには多少高くてもこれだけ支払って彼女達に来てもらう方がいいの」

愛想が良いわけでもなく、静かに注文をとる彼女達は、他の店のタイ人従業員と特に変わったところはない。でも経営者にしてみれば、長く働き続けてくれるというだけで、高めの給与を支払う価値があるのだろう。

Posted by てんも at 07時28分

コメント

なるほど......!

これはいままでのてんもさんの日記でいちばん価値のある情報だと私は思います。

イサーン太郎 2007年05月07日 10時06分 [削除]

アパートとまかない付きで更に200Bとは大変ですね。
マハチャイの食堂でもラオス人が働いているところが有りました。
ただそう言う理由とは知らなかった。

うえの 2007年05月07日 12時12分 [削除]

ラオスに限らずミャンマーの人も同じような感じみたい。最近は労働者用のIDもとってやらなければならないようで雇用主も大変ですよね。

ポォ 2007年05月07日 15時23分 [削除]

実は・・・・

私もラオス人なんです。   ラォラォ

たちの 2007年05月07日 19時08分 [削除]

イサーン太郎さん
タイ人のおばちゃん相手だと、思考がタイ的になってしまうので、支払っている給与の話までズケズケ聞いてしまいました。おばちゃんも普通の世間話としてベラベラ話してくれました(*^_^*)

うえのさん
高いですよね。非常に驚きました。

ポォさん
うん。ラオスやミャンマーの人たち様のワークパーミットがあるんだよね。日本人向けのワーパミほどではないけれど、年間数千バーツの出費になるらしい。

たちのさん
あぁやっぱり。どおりで、日本語おかしいと・・・(笑)

てんも 2007年05月08日 07時39分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2007


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー