タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年09月11日(火)

カンチャナブリガイドさん [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

カンチャナブリ旅行では、滝や橋などの見所を効率的にめぐり、特産品のきのこまで堪能することができた。日帰りでここまで内容盛りだくさんの旅にすることができたのは、マイクロバスの運転手さんのおかげである。今回は長距離だしお土産もたくさん買って帰るだろうしで、マイクロバスをチャーターしたのだ。

この運転手さんはだんなさん一家と長いつきあいで、私がタイに引っ越してきたときも、この人がマイクロバスで荷物を受け取りに来てくれた。私達以外にも、「お参り旅行」「親戚訪問」など、タイ人の大家族が旅行する時にこのおじさんに運転を頼むことが多いので、タイ国内のたいていの場所には行ったことがある。

カンチャナブリも知り尽くしていて、列車に乗るならば10時発のは暑すぎるので、6時発がおすすめだという。
駅で私達を降ろし、列車の出発を見送ると、先回りして終点で待っていてくれた。
その後も、先に食事にするか、もう少し後にするか、など細かに要望を聞いてくれながら、お勧めの場所に案内してくれた。

ドライバー兼ガイドさんのようなすごい存在。むかーしむかし、大島を家族旅行したときのタクシードライバーさんがこんな感じだった。大島が大好きでたまらない、といった様子のドライバーさんは、元気だろうか。

Posted by てんも at 06時17分

コメント

列車より車のほうが早いのがなんだか不思議なんだよねー。良いドライバー兼ガイドはあんまりいないから貴重ですね。

ポォ 2007年09月12日 06時09分 [削除]

列車は、のんびりゴトゴト進んでいたからね。
ドライバーさんがガイドできるって、貴重でしょ。

てんも 2007年09月13日 19時43分 [削除]

嫁がカンチャナブリー出身です。
サファリ、滝、ミャンマーとの国境、クワェ川鉄橋周辺など
嫁の父親の運転であちこち遊びに連れて行ってもらいました。
ちょっと恐れ多い最強のガイドです。

うえの 2007年09月13日 22時30分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー