タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年09月28日(金)

何かあったら。 [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

何かあったら。

ター・ミー・アライ ボーク・マー・ナ

何か困ったことがあったら、遠慮しないでいつでも相談に来なさい。という意味。

思いがけず、現在手がけている仕事に関連する専門家をご紹介いただき、その場で複数の方からこの言葉をかけていただいた。

豊富な知識を身に付け、社会的地位も確立している方だからこそ言えるセリフである。
目上の者が目下の者を庇護し、面倒を見る。
普段からそれを実践しているからこそ、自然に口から出てくる暖かい言葉。

つまりは自分が進めているプロジェクトに新しい応援団が加わったのと同じことだ。

紹介してくださった方と、応援してくださる方と、現在進行中で協力いただいている方。本当にたくさんの方にご支援いただいていることに感謝して、気持ちも新たに仕事を進めようと思う。

Posted by てんも at 15時55分

コメント

日本の相撲関係者に聞かせてやりたいのぉ。


んじゃ、ボクも覚えよう。

ターミーアライボークマーナ・・・  10年かかりそう

たちの 2007年09月28日 18時53分 [削除]

昔から耳にする言葉ですね。子供には子供の「なんかあったら言うてこいや」いわゆる格好つけた決め台詞ですが、そこには揺るぎなき覚悟や、男のプライドや、人助けのような偽善心か、善か解りませんがそんなのが沢山入ってる台詞ですよね。ただヤバイのは、助けを求められて、その対する者が巨大な力であっても、逃げると信用を失い、奈落の底に・・。言葉には覚悟や責任が付いて周り、覚悟を決めその強靭な敵を相手に挑む姿はささやかでも歴史に残り、永遠に活き続けると言う悪ガキ社会でのお話しでした。私も昔それで呼び出しくらい、5〜6人はいるよなぁ〜・・と思いながらベルトに鉄拳を仕込んで出陣した想い出が・・。たまたま親父が盗聴していて、「お前いくんか?ほぉ〜(笑)相手の名乗った学校に電話してその場所に先生を行かせたど。それでも行くんならこのゴルフクラブも持っていけ。5番アイアンじゃ、当ると痛いどぉ〜」と言う事件がありました。親子も周りもみんなアホでした。・・なんか話しがずれました、ごめんなさい。

チャンプァ 2007年09月29日 01時56分 [削除]

たちのさん
あと10年かかったら、100歳!??そりゃ、大変だ。

チャンプァさん
助けを求められる側の気持ちがよく分かりました。
結構¥プレッシャーかかったりするんですね。ありがとうございます(*^_^*)
お父様、良いタイミングでちゃんと息子にヘルプを出してくださって
いたんですね〜。

タイの場合、助けてもらう方が、あまりに助けてもらうことを「当然」
と思いすぎているのが気にかかります。

てんも 2007年10月04日 19時18分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー