タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年02月16日(土)

狂犬病の予防注射 [タイで生活]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

狂犬病の予防注射

のどかな昼下がり、そのピックアップトラックはやって来た。

毎年の恒例行事、保健所の狂犬病予防注射出張サービスである。

保健所からやってきたお兄さん達は、モーリさん(夫母)がその場で注文した数の注射針を片手に車から降りた。
身の危険を察知してうろうろと逃げ回ったエニーだが、あえなくモーリさんに捕まり、ブスリ。
狂犬病予防と避妊、計2本の注射をされたのであった。

避妊注射は無料。狂犬病注射は1本40B。(1B=約3円)
モーリさんは飼い犬3匹の他に門前犬2匹の分も注文していた。
計200Bの出費は安くはないが、スタッフによると動物クリニックで注射してもらうと1本100Bくらいかかるらしい。

保健所のお兄さんは、犬には触れない。犬を捕まえて大人しくさせるのは飼い主の役割。そして、押さえ込まれている犬にブスリ。なかなか便利なサービスである。

難点は、この出張予防注射サービスがいつ来るのか、事前予告が一切ないこと。たまたま飼い主が在宅ならば注射をしてもらえる。チャンスは年に1度である。

Posted by てんも at 00時08分

コメント

知らなかった。こんなサービスあったんですか?
前、犬がいましたが、うちは、昼間は家にいなかったので知りませんでした。最寄のクリニックで注射してもらってました。こういう行政のサービスって前もっての通知がないから本当に困ります。

ポォ 2008年02月16日 07時00分 [削除]

野良犬にも打って行ってはくれまいか!
そういえば、最近、シラチャの野良犬が減ったみたいな気がするな〜

あっけん 2008年02月16日 14時53分 [削除]

ポォさん
そうなの。昼間家にいないとその存在こそ気づかないサービスなんだよね。
回覧板とか、お知らせ新聞とかないからねぇ。

あっけん
野良犬は噛みつかれる危険が高いから、役所の人も大変かもしれないね。
関心なことに、モーリ宅の門前犬(野犬)はおとなしくモーリさんに押さえられていたけれど。

てんも 2008年02月18日 14時35分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2008


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー