タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年08月11日(月)

フグは入っていません。 [アメージングタイランド]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

ルークチン・ルアク

タイには、ルークチンという大人も子供も大好きな一口サイズの練り物がある。使う肉の種類によって種類が分かれていて、人気はやはり豚肉使用のルークチン・ムーと魚肉使用のルークチン・プラー。

串に刺して炭火焼きにするルークチン・ピンや、茹で上げてタレをつけながら食べるルークチン・ルアクなど、食べ方にもいろいろなあり、子供のおやつから大人の酒の肴まで、大活躍の食材だ。

そんなルークチンを手作りしていることで有名なラーメン屋さんの看板に、不思議な記述が。

「マイ・ミー・プラーパカパオ」

プラー・パカパオは「フグ」だ。
つまり、「当店のルークチンにはフグを使用しておりません。」という意味だ。

なぜわざわざ但し書きが必要なのか?と不思議に思い、スタッフに聞いてみたところ、「フグを混ぜたルークチンにフグの毒が混入し、それを食べた人が中毒を起こした」という事件があったらしい。そのニュース以来、ルークチン・プラーを食べなくなった人もいるそうだ。

それでわざわざ「フグなし」の記述だったと言うわけだ。
そんなニュースがあったことなど、全く知らなかった。たまにはモーリさんのニュース情報を真面目に聞かないといけないかもしれない。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

フグは入っていません。

Posted by てんも at 00時39分

コメント

知りませんでした。コワイですね!

イサーン太郎 2008年08月11日 08時11分 [削除]

タイではフグを食べる習慣はあるのですか?
あってもタイではその料理を食べたくないですね。マイペンライで適当に調理されてしまいそうで怖いです。

うっち 2008年08月11日 10時26分 [削除]

タイの世情にお詳しい「てんも」さんが、「河豚入り」ルークチンをご存知なかったとは・・・・・日本でも報道されました。5月訪タイ時に、台湾系タイ人の実業家と食事をしました。その時話題になりましたので、それ以前の時期と思います。彼曰くタイでは「河豚」は獲らないし食べないし、タイでも原材料の魚を、外国に依存する状態にあり、多分「ベトナム」か「インドネシィア」から入ってきたのでは?そして「河豚の猛毒」を知らないタイ人が使用したと思う。との話でした。世界的な魚類輸入国の日本では、「中国」に買い負けし、原油
価格の高騰で漁船は出漁出来ずの状態です。企業も「あの手この手」で対応しています。魚肉100%の「練り製品」等お目にかかれなくなりました。「竹輪」の穴は、良く見ると日に日に「大きく」なっています。「食料危機」は、途上国の問題でなく「世界的」な問題です。

クン・ポー 2008年08月11日 10時28分 [削除]

イサーン太郎さん
ルークチンにフグが使われる可能性は、考えたことがなかったです(汗)

うっちさん
フグを食べる習慣はあまりないようですね。少なくとも、東部では。魚の毒は「マイペンライ」だと怖いですね〜。

クン・ポー様
フグ入りルークチン事件は全く知りませんでした。
知らない魚は原料に入れちゃいけないと思うのですが、現場レベルの監督が行き届いていなかったのか、原料の確認が難しい加工食品の怖さを思いました。

てんも 2008年08月13日 17時55分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2008


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー