タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年12月01日(月)

作文のルール [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

作文のルール

最近本を読んでいると気になることがある。

企画ものの雑誌の場合、誤字、脱字が目立つ。
これは80対20の法則で、細部にこだわりすぎず、スピードと量を優先させた結果なのかもしれない。

書籍では、小学生の時に「作文のルール」として教わったことが守られていないことがある。

例えば先日の「経済学思考の技術」。
内容は非常に良かったのだが、文頭に小さい「ッ」や「ょ」が来ていることが気になった。恐らく著者の方はパソコンで原稿を作成されているのだろうから、これらの書式については編集者側が編集の段階でいくらでも行頭禁則を設定できると思うのだが。

横書きだから気にしないのか、それとも最近はあまりこういうルールは気にされなくなっているのだろうか。

誤字・脱字で本の価値が落ちるとは思わないけれど、「職人の仕事」にロマンを感じる私としは、最後の瞬間まで気を抜かずに真剣勝負で校正をする、そんな「本作り」も滅びないで欲しいと思ったりもする。

Posted by てんも at 00時51分

コメント

ビジネス書にそれを求めるのはもはや無理というもの。

イサーン太郎 2008年12月01日 08時04分 [削除]

そういうことなんですかねぇ。
求めてはいけない分野で求めるのが間違いか。

てんも 2008年12月01日 20時35分 [削除]

校正で使っているソフトで行頭禁則の設定をやっていないだけだと思いますよ。そもそも校正者が行頭禁則ということ自体を知らないのかもしれません。
(近頃の若い奴らは....^^;)

うっち 2008年12月01日 23時21分 [削除]

そうなんですよ。最初の設定だけなので時間もかからないのに、なんででしょう??
禁則を知らないなんてことあるんでしょうか。
ということは、学校でも教えなくなったのでしょうかねぇ。

てんも 2008年12月03日 13時07分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー