タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年12月07日(日)

カプセル完成 [タイの野菜・地産地消]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

カプセル完成

先日モーリさん(夫母)が手作りしていたマルムの葉の粉末が、とうとうカプセルになった。

空のカプセルを入手してきたモーリさん、一つ一つ手作業でカプセルに詰めたらしい。2日かけて詰め込み作業を完了したらしいが、一体何個作成したのだろう。

その貴重なカプセルをお裾分けしてもらった。わざわざ遮光容器に詰められて手作りのカプセル。消化器系に効く、ということだったが、お通じも良くなるらしい。
毎食後に飲んでも良いし、強すぎる場合には1日1回でも良い、ということだった。

まずは一日1回で様子を見よう。

Posted by てんも at 00時27分   パーマリンク   コメント ( 1 )

2008年12月06日(土)

父の日 [タイで生活]

画像(320x209)・拡大画像(450x295)

お祝いの歌を歌う学生:マネージャー紙より

父の日の前日の12月4日は、国王様のお誕生日をお祝いして集まった人々の前で国王様がお言葉を述べられる。その様子はテレビの全チャンネルで中継され、国民はテレビの前で国王様のお言葉を拝聴するのだ。

特に今年は直前までデモの混乱があり、決して平穏無事とは言えない状況だっただけに、国王様がどのようなお言葉を述べられるか、人々の関心は高かった。

ところが、国王様はお祝いに訪れた人々、そしてテレビの前の国民に姿を見せなかった。シリントン王女によると、心配する様な状態ではないが、体調を崩されているということだった。
ワチラロンコン王子が簡単に、国王陛下のお誕生日をお祝いする国民に対する感謝の言葉を述べられて、特別放送自体が30分で終了してしまった。

「タイ国民の父」として慕われている国王様のお言葉のない父の日のタイは、国中に寂しさが漂っているような気がした。

Posted by てんも at 00時00分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2008年12月05日(金)

医師と警察官の共通点 [タイで仕事]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

医師と警察官の共通点

翻訳の仕事をしていると、つくづく感じることがある。
医師と警察官の共通点である。

それは、「それはそれは見事な達筆」。
達筆を通り越して解読不可能な場合も多い。

困ったことに、2つの職業とも手書きで重要書類を作成する機会がある。しかも、頻繁に。

医師ならば、その代表的な物に診断証明書がある。
警察官ならば、その代表的なものに調書がある。

それらの重要書類を発行する際、彼らはその書類が後から他人に読まれるということを少しでも意識しているのだろうか。
自分が手書きで作成した書類が、保険請求その他の手続きのために外国語に翻訳されることがあるのを知っているだろうか。

英語かタイ語かの区別すらつかない手書き文章を前に、毎回悶絶するスタッフ。おかげでその手書き文章解読能力は、すでに超能力の域に達している。

「全国手書き文字解読コンテスト」というものがあれば、上位入賞間違いなしである。この特技、何か他のことに活かせないものだろうか。

Posted by てんも at 00時01分   パーマリンク   コメント ( 5 )

2008年12月04日(木)

タイの春菊 [タイの野菜・地産地消]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

タイの春菊

見た目が日本の物と違うので、お料理上手なお友達に教えてもらうまでは気づかなかった。

香りも、日本の春菊と比べたら10分の1ぐらい。かすかに春菊の香るが分かる程度。

でも、この香りの弱さがクセのない野菜として大活躍してくれるのだ。
軽く湯がくだけでツルツル食べやすくなって、おひたしにしたらいくらでも食べられる。

日本では「サラダ菊菜」という生サラダにできる春菊が登場したらしい。これも生で食べられそうだけれど、たくさん食べたいのでお味噌汁に入れるのが最近のお気に入り。

季節の変化が少ないタイで、「秋」を感じることができる食材である。

Posted by てんも at 00時12分   パーマリンク   コメント ( 4 )

2008年12月03日(水)

また間違えた [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

また間違えた

毎年のことなのだけれど、タイの乾期は「寒くてタイル張りの床の上を素足で歩けない」状態にまで冷えないと、終わらないのであった。

私は毎年「今年の乾期はそれほど寒くならなかった」と乾期の終わりを早々に決めつけ、後で本物の乾期の到来に驚いている。何しろ年に数日のことなので、毎年驚いて翌年にもまた驚いてしまう。全く学習していない。

と言うわけで、先日「また来年!」と別れを告げたはずの乾期が戻ってきた。日本で調達したフリースが役立つ日が来たのだ。

昼間は気温があがる東部と違い、北部は昼間も朝の寒い温度が続くのだとか。ブルブル。
この寒さが数日続いた後には本物の乾期の終わり。気温は次第に暖かくなる。

Posted by てんも at 00時10分   パーマリンク   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー