タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年09月08日(金)

戻ってきた荷物 [タイで生活]

ピンクのはがきが来ると嬉しい。郵便局からの「荷物を受け取りに来なさい」通知だからだ。誰かが送ってくれた荷物が届いた、ということ。
しかし、今回のは違った。「荷物が戻ってきたから取りに来い」と書いてある。まさか2週間前に送った荷物が・・・と目の前が真っ暗になりながら郵便局に行くと、イヤな予感が的中して、そろそろ到着する頃だな、と思っていた荷物が変わり果てた姿で現れた。
中身の缶詰から液体が漏れて、それで荷物のダンボールの底が抜けてしまったのだ。中身がボロボロと出てきて、それでこの状態では発送できない、と送り返されてきたらしい。

受け付けてくれたおじさんが言う。
「荷物の中に液体状の物を入れてはいけないのに、入れたね」
缶詰は液体状の物体というより、乾物の部類に入るのではないのか。しっかりパックしたにも関わらず缶詰が破裂するほどの衝撃が加わったというのは一体どういう取り扱いをしているのか。

しかしおじさんは私の質問を無視してこう言った。
「われわれは客の依頼を受けて国際郵便組織と客の間の連絡係をしているだけだ。われわれに荷物を届ける責任はない。国際郵便組織が受け取りを拒否した荷物は送ることができない。」

正直、困ったなー、と思った。「ただの連絡係である」とか、こういう訳の分からないことを言う人と話をしても平行線をたどるだけで良い結論は出ない。
でもここでさらに1000バーツを超えるお金を支払うことには納得できない。輸送中の事故で荷物が戻ってきた時に返金はされないのか、再びパックしたものを送ることはできないのか、無理を承知でしばらくねばっていると、おじさんの上司が出てきた。
ビニール袋に入った荷物を見ると「ジャックポットだね」という。つまり、普段起こり得ないことが起こった、という意味。

そして、まだタイ国を出ていないので使用した伝票は再利用が可能だと言い、追加料金なしで再び荷物を送ることを了承してくれた。そして荷物の再パックの手伝いもしてくれた。良い人だ。
そんなこんなで、そろそろ日本に到着するだろうと思っていた荷物はスタート地点に戻ってきてしまった。今度は無事に届きますように。

Posted by てんも at 07時43分

コメント

あらら、そんなに苦労して送ってくれてたんですか?
恐縮です。  ん?勘違い?

ちなみに、8月13日にUme爺から贈り物が届きました。
あ、なんでもないです。 (汗)

たちの 2006年09月08日 13時02分 [削除]

上司さんが出てきてくれてよかったね〜。
使えない上司もたくさんいるけど、
たま〜〜〜に良い上司さんっているんだよね〜。

noina 2006年09月08日 14時39分 [削除]

「自分は言われただけ」とか言う人と話をしても確かに先に進まないですねー。ここで思考が止まってるんだもんね。別にこっちはあなたのせいだといってるわけじゃないのに、そういわれるとやりきれないですよね。じゃあどうしようかってことが大事。

僕も人から頼まれたときにこんなこと言ってないか
気をつけなきゃ!

ジロチョー 2006年09月08日 15時31分 [削除]

会社関連の発送は必ず保険をかけるのですが、それでもいろいろトラブルはありました。箱のダメージの高さから考えてフォークリフトのフォークが突っ込んだと思われるもの、投げて落下したと思われるもの、一斗缶の横の部分がえぐられたものなどなど。箱がつぶれたのを隠蔽しようとして表から見えないように向きを変えられたという例もありました。少し余分に費用のかかる運送会社でしかも保険のかかった荷物ですらこうですので、普通の郵便の荷物だと相当荒い取り扱いをしていそうに思えます。

ニー 2006年09月08日 22時45分 [削除]

読んでて、あ〜やっぱりタイだよな。と思ってしまった(笑
受付のおじさんの言い逃れ、そして上司が出てきてがらっとかわる状況。。。。
でも、追加料金なしで再発送してくれてよかったよね。

らぴ 2006年09月09日 01時06分 [削除]

確かに黙って言うとおりにしていたら損をする事が多いですね。
ダメで元々で粘ると状況が好転する事って多々有りますし、
私も粘られて根負けした事が何度か有ります。

うえの 2006年09月09日 12時19分 [削除]

たちのさん
はい。かんちがいです(*^_^*)
あれ、私バースデー7月なのに、梅じぃったら。

noinaちゃん
こういうのって、相手の考え方次第で対応が決まるから、だめな人に当たると、もう何してもだめだよね。
今回の郵便局は結構対応の良い場所として有名らしかった。ラッキーだった。

ジロチョーさん
下手に自分たちの責任を認めて賠償させられることを恐れているのでしょうね。
気持ちは分かるけれど、郵便局の人が我々には荷物を送り届ける責任はない、って言っちゃうとしらけちゃいますよね〜。

ニーさん
へぇ・・・高い料金の運送会社で保険のかかった荷物でもそんなことがあるのですか。
フォークリフトのフォークが刺さったりするの、怖い・・・。
でも工場ではフォークから荷物落としたりする風景日常的に見ていたなぁ。

らぴさん
そうなの。追加料金なしで再発送できただけでよかった。
・・・タイにいると、唯一の良かったことを強調して無理やり喜んでしまう。それが習慣になってない?(爆)

うえのさん
そういえば、日本にいたときは粘っても「だめなものはだめ」なことが多かったので、おとなしいお客さんでしたね、私も。
タイだと騒ぐとどうにかしてくれることが多いので、だんだんと「やっかいな客」になってきました。
イメージ的に大阪のおばちゃん的??

てんも 2006年09月10日 11時50分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2006


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー