タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年10月06日(金)

たましい [アメージングタイランド]

日本にいる祖母が亡くなった。90歳を過ぎた大往生でとてもいい顔をしていた、ということなので、悲しくはなかった。
そして思った。天国に行く前にタイに寄って私たちのことを見て欲しいな、と。

そういえばタイの人はこういう考え方はしないようだ。
親しかった人が亡くなってもその人の霊が現われるのを非常に恐れるので、その姿に違和感を感じたことがある。

例えば自分の親しかった友人が亡くなって数日後に突然嵐のような強風が吹き自宅の窓がガタガタ揺れたから
「あ、今来ているんだなと思ったら、怖くて鳥肌が立った」
という人がいた。

生前親しかった人ならば恐れる必要なないのでは?と思うのだけれど、それが実の親でもお葬式の日に棺に向かって
「生前わがままを言ってごめんなさい。お願いだから化けて出ないでください」
と真剣に祈っている人もいて、私はその姿を見て絶句した。
タイでは亡くなった人の霊は生前とは人格が変わることになっているのだろうか?ここの感覚が私にはまだよく理解できない。

Posted by てんも at 07時33分

コメント

そういえば、守り神になってくれるという感覚はタイ人にはないようだね。
タイのお坊さんの説教では、死ぬとすぐ、また生まれ変わるというお話。
このお話は、親愛な人を亡くした人には救われるなあと思ったよ。案外、自分の身近なところで生まれ変わるらしいから、また、再会できているかもしれないからね〜!

あっけん 2006年10月06日 10時24分 [削除]

亡くなった方というより、
幽霊とかオバケとか、そういう現象が怖いんでしょう。
私もその一人ですが。

最近、ヘンなコミュに入ったばっかりで。   「無宗教コミュ」  爆!

たちの 2006年10月06日 11時29分 [削除]

石和のおばあちゃんかな?
虫の知らせというのは世界中どこでもあるみたいですね。

イサーン太郎 2006年10月06日 11時32分 [削除]

大事なことを言い忘れました。


「謹んでお悔やみ申し上げます」

たちの 2006年10月06日 11時35分 [削除]

長生きをしたとはいえ、やっぱり悲しい出来事ですね。
身近な人との別れは本当に悲しいものです。

何かのテレビで、よく霊の存在を感じる方が、もし、
霊にあっても怖がらず、お水やお酒を上げてくださいっていってたなぁ。頭ではわかるけど、実際にできるかどうか・・・・。

ポォ 2006年10月06日 11時42分 [削除]

私にも同じくらいのおばあちゃんがいます。
もう3年くらい会ってません。
きっともう会えない。
でも私ももしおばあちゃんが亡くなったら、
一度私に会いにくると思ってます。

そういえば、タイの仏教のお葬式ではお坊さんが「逝って帰ってこない」とかいう看板(?)を持ってお祈りしてますよね〜。
前の旦那のお葬式で、
私は「帰って来い」と唱えてましたけど(^_^;)

noina 2006年10月06日 14時26分 [削除]

家族や親しかった人が亡くなるのは
とても寂しいことですよね。
お悔やみ申し上げます。
私も3年前には父方の祖母、母方の祖母
そして父が急死してしまい
人の死というものに
いやと言うほど直面させられました。
祖母は二人とも90歳を超えていての大往生でしたが
父はホントに突然の急死だったので
今でもまだ頭の中ではその死を消化できずにいて
時には「化けてでもいいから出てきてほしい」なんて
思ったりしますね。

たいすけ@仕事の合間に 2006年10月06日 16時27分 [削除]

やっぱりテレビドラマのネタになるピーのイメージが強すぎるんでしょうね。最近読んだ本で、ピーにもピー・カスーとかピー・ポープなんていう種類があるのを知りました。説明を読むとちょっと怖いです。

うっち 2006年10月06日 23時15分 [削除]

あっけん
私はね、子供の頃見た漫画で
「天国は時間のたつのがすごくゆっくり。だからこっちの世界であと何十年か生きてその後に天国に行っても、死んだ人には5分くらいに感じられるんだよ。だから死んだ人は寂しくないんだよ。」
っていうようなシーンがあってその考え方にすくわれている部分が大きいんだ。

たちのさん
いったいどういうコミュですの?
わざわざ2回の書き込み、ありがとうございます。んで、「あれ」はうまくいきましたの?

イサーン太郎さん
もう一人のおばあちゃんの方です。
よく考えたら石和側ももういないし祖父ももういなかったので、最後に残っていた祖母でした。

ポォさん
霊にあっても怖がらず・・・知り合いの霊だったらきっとできる。
見ず知らずだったら怖いかも。シックスセンスを思い出すね(*^_^*)

noinaちゃん
タイの人って「事故」とか「病気」とか「死」とか、そういうことにすごくあっさりしているというか、あきらめ早いというか、「起こったことはしょうがない」という気持ちの切り替えが早くない?
それはそれですごいことだし、ある意味自分の心を救うことなんだろうけれど。

たいすけさん@もうすぐ会えるかな?
「誕生」は目に見える出来事ですから実感しやすいですけれど、「死」は目に見えないですものね。それどころか、今までそこに居た人が居なくなってしまうというのは本当に「見えなくなる」から、自分に言い聞かせるのに時間がかかるように感じます。

うっちさん
そーかそーか。なんかものすごくイメージが沸きました。
ガスーのイメージなのか。あれは生前の人格もなにもないですものね。うん。
「ドラキュラ」的で理性とか心がなくなってしまいますね。ああいう感じに思うのかな。

てんも 2006年10月07日 09時06分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー