タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年10月13日(金)

洪水で思い出す人 [タイで生活]

毎日夕方になると空が真っ黒になって激しい雷が聞こえてくる。雨雲がどこかへ行ってしまって降らないこともあれば、土砂降りになることもある。昨日はかなり激しく降った。

道路が冠水すると思い出す人がいる。
以前勤務していた日系の会社のタイ人総務マネージャーSさん。タイ人の中でトップの地位にいた彼は派遣社員を含めて1000人を超えるタイ人従業員をまとめるという難しい仕事を任されていた。
ボーナスや昇給の告示、連休の告示、休日振り替えの告示を出す前にはいかにタイ人従業員を納得させる発表の仕方をするかで日本人の総務部長と打ち合わせを重ねていた。私も通訳として同席していた。

「自分」をしっかり持っていて、組織よりも自分の気持ちを大切にするタイ人を一つにまとめるのは簡単なことではない。だからSさんもいろいろとテクニックを使っていた。
ボーナスの数字の一部を事前に教えることでストライキ情報などを手に入れたり、という取引もしていたようだった。
数字を決定する場にいるのは総務部長とSさんと私。総務部長はもちろん他の日本人部長に対しても数字を口外するはずはなく、私も友達にどんなに懇願されようが絶対に言わなかった。その数字の一部が翌日には従業員に知られていたのはやはりSさんが情報の出所だったのだろう。

でもそれは一つのテクニックとして彼が責任を持って行っていることだからそれでいいのだ、と思っていた。というのも、私は彼のことをマネージャーとして全面的に信頼していたのだ。

ある大雨の日、会社前の道路が冠水した。ひざまで届くすごい洪水だった。「すごいね〜」と言いながら日本人部長たちは次々に運転手つきの車で帰宅して行った。
私は青ざめていた。免許取立てで運転するだけで必死な時期だったのだ。水に覆われて車道と歩道の区別がつかない道路の運転の仕方なんて知らない。
道路わきにはエンジンに水が入ってしまって故障したオートマ車が何台も止められていた。私の車も止まってしまうのだろうか。夜になったら人気のなくなるこんな場所で車が止まったら一体どうすればいいのか?

そんな恐怖を感じていた私の目に映ったのは制服のズボンをひざ上までたくし上げて正門のところで従業員の帰宅の様子を見守るSさんだった。
「どうやって帰るの?バイク?気をつけて行くんだよ」
帰宅する従業員に声をかけていた。

日本人部長もそして他部門のタイ人マネージャーも急いで帰宅する中、Sさんは誰に命令されるでもなく自発的に従業員の様子を見守っているのだった。
その姿を見て私は安心した。
そうだ。車が止まってしまったらSさんに助けてもらえばいいんだ。Sさんが何とかしてくれるだろう。
Sさんの姿に勇気付けられてなんとか水没した道路を脱出し大通りに出たときには安堵から涙が出た。

そんな体験から、Sさんに関するどんな噂が流れようと私は全く気にしなかった。
「それでもあの時従業員を見守っていたのはSさんただ一人だもん」
いつもあの時のことを思い出して、私はいつも心の中でSさんの味方だった。日本人部長達から批判されてつらい立場に立たされていたときも陰からサポートした。(通訳の協力って実は結構強力なのだ)

Sさんは今もあの職場で頑張っている。彼がいる限りあの会社はきっと大丈夫。そう思う。

Posted by てんも at 07時53分

コメント

たくさんのタイ人をまとめるSさん本当にすごいですね。この人がいないと会社は、まわらないかも。てんもさんの元職場(今もだけど)、良い人にめぐまれているね。洪水の運転怖いよね。大雨で前が見えないのも怖いよ〜〜〜。バイクがチョロチョロしていなくていいんだけどね。

ポォ 2006年10月13日 10時07分 [削除]

すごい!
自分のことより他人を思いやる気持ちを持てるSさん。
会ったことないけど、
この日記で尊敬しました。

noina 2006年10月13日 14時15分 [削除]

>(通訳の協力って実は結構強力なのだ)

うん 物凄く強力なサポートだと思います。
部下に信頼されるって難しいけど見習いたいですね。

私も歩道まで水が上がった道を運転するのは怖いです。
一昨日冠水した道を走ったせいかブレーキから変な音が
出てしまって点検に出しました。

うえの 2006年10月13日 14時58分 [削除]

尊敬される人には、なにかオーラのようなものを感じるよね〜!何が違うのか、じっと観察させてほしいよ!!

あっけん 2006年10月13日 15時51分 [削除]

Sさんって、
SKDさんね? (松竹歌劇団)    そっちか!

あ、いや、スーパーマリオ君ですよね。

たちの 2006年10月13日 19時06分 [削除]

バンコックからアユタヤの学校に居るクラの弟達に合いに行った時 アユタヤに近づくに連れて周囲が 水没していく...最初は お洒落な水上コテージか何かだと思ってたんだけど途中から船に乗ったり浅瀬だから歩いてとか言われてヒザまで水に漬かって歩かされたりしたので これって日本じゃ冒険の領域でしょうと思いつつ弟に合って帰ってきた
しかし 本当に冒険だったのを知ったのは 翌日 街頭放送が 五月蝿いんで何言ってるのかと聞いた時「アユタヤのワニ園からワニが 逃げて人が 噛まれたから気をつけて」って言ってるって言われた時だった... 

Jonny 2006年10月13日 20時44分 [削除]

へー。そういう人は引き抜きも自分で転職もできだろうにその会社に長年働いているというのはタイ人マネージャとしては珍しいですね。

うっち 2006年10月14日 00時04分 [削除]

中間管理職、って大変だなと思う。ましてや国の違うもの同士をまとめていくのは至難の業かな、と。周りに惑わされず、自分のものさしでSさんを見る、てんもさんはえらいね。

きよ 2006年10月14日 01時18分 [削除]

ポォさん
日本人駐在員さんにもすごい人や良い人が多かったけれど、皆さん数年で帰ってしまうからね。結局はタイ人マネージャーがしっかりしていないと会社は大変だよね。

noinaちゃん
でしょでしょ?外見はスーパーマリオみたいなひげの怖いおっさんなんだけど、内面はすごく優しい人なんだよ。

うえのさん
部下に信頼されるには仕事ができるというのもあるけれど、まずは「心」かな、と感じます。難しいですけれど、要するに自分にとって尊敬できる人に近づく努力をしていれば少しは成長できる気が。そうだといいな(*^_^*)

あっけん
オーラか。そうだね。タイで皆に慕われる人には「優しいオーラ」が漂っているね。どんなにすごい地位でもどんなに実力を備えていてもまずは目下の人間を庇護するというオーラが漂っているような気がする。

たちのさん
そうです。マリオ君です(*^_^*)

Jonnyさん
ワニに気をつけてって言われても、気をつけようがないよね。
相手は水中で敏捷に動けるんだし(汗)

うっちさん
そう言われればそうですね。
タイ人の中ではトップの地位にいるので、愛社精神があるのかもしれないです。

きよ
本当に大変そうだったよ〜。

タイを知らない本社の偉い人→駐在員さん→Sさん←タイ人従業員

結局日本とタイで衝突する部分はSさんが吸収していたようなものだったから。

人によってはタイ側に立って本社に物を言っている人もいたけれどね。

タイを知らない本社の偉い人→駐在員さん・Sさん←タイ人従業員

自分のものさしで物事を見る視線はタイに来て少しずつ教えてもらったような気がする。

てんも 2006年10月14日 08時21分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー