タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2006年10月28日(土)

こんなジェー料理なら食べてもいい [タイ料理]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

さっぱり野菜麺

タイは今ギンジェーの時期である。ギンジェーとは菜食の意味。
この時期心身を浄化するために肉、乳製品やにんにく・ねぎなどの香りの強い野菜を避け、野菜料理や専用に作られた菜食用パンなどを食べる。
中国系の人と趣旨に同調したタイの人は肉料理を口にせず、菜食専門店または自分で料理した菜食しか口にしない。
普段は肉料理を扱っている屋台でも、この時期のみの限定菜食専門店に変化することもある。

ジェー料理は肉が入らないのであっさりしている。あっさりをあっさりのまま食べるのならば私が好きな味なのだが、普段から「あっさり=まずい」という味の好みを持っているタイの人たちがそのあっさりで満足するわけがなく、あっさりをこってりにするために砂糖や油を多量に使用する。だからジェー料理というのは全体的に油っぽくてタイ人の中にも「リアン」と言って敬遠する人もいる。

ところが昨日たまたま食べたジェー料理のラートナー(あんかけ麺)はあっさり味でおいしかった。夏ばて気味の体に野菜の滋養がしみこんで、食べ終わる頃には元気がでていた。
私がジェー料理を食べないことを知っている店のおばちゃんは
「ギンジェーの時期が終わったら普通のメニューに戻るからまた食べにおいで」
って言ったけれど、こんなジェー料理なら毎日食べてもいいかもしれない。

Posted by てんも at 06時02分

コメント

ピンクのハムみたいなのは、何なの?色づけされた豆腐?ジェー料理に見えないね。

ポォ 2006年10月28日 13時45分 [削除]

これ肉じゃないんだ〜!っていうの食べたことあるなあ。
でもギンジェーをする人って私の周りにはいません。

noina 2006年10月28日 16時43分 [削除]

事務所が入っているビルの食堂はギンジェーで特設サラダ
バーが出来て長蛇の列です。
一皿30バーツでお皿に乗るならいくら乗せても良い。
でもこのあっさりシチューの方が良いなぁ。
日本料理屋でこう言うのメニューに載せてくれれば良いのに。

うえの 2006年10月28日 23時45分 [削除]

ポォさん
お麩だよ〜。さすがジェー料理でしょ。
でもあっさりしておいしかった(*^_^*)

noinaちゃん
地域によってずいぶん違うのかな?
こっちは黄色の旗の店に人だかりがしているよ。
でも、通常営業の店もあるから選べてうれしい。

うえのさん
サラダバーですか〜。それもおいしそうですね。
日本料理屋さんも、居酒屋メニューだけじゃなくてこういう「フツー」の身体に優しいメニューがあるといいですね。

てんも 2006年10月29日 20時50分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー