タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年05月21日(月)

ムーサテ(豚肉の串焼き) [タイ料理]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ムーサテ(豚肉の串焼き)

ムーサテは、甘かったり辛かったり、店ごとに秘伝のタレがある。
この店のは少し甘めで、辛いのが苦手な私でも普通に食べることができる。炭火で焼いてくれる肉は柔らかく、レバーもホクホク。
ムーサテは肉料理だけれど、ご飯と一緒に食べずこれだけで食べるので、腹持ちはあまりよくない。

お店で食べていると、50本、100本単位でテイクアウトしていく人がいる。

1本3バーツ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

さっぱりおいしい付け合せのきゅうり。

ムーサテに欠かせないのが付け合せのきゅうりの甘酢ドレッシングがけ。これを使用済みの串で刺して食べるのだ。
さっぱりあっさり。
何気なく盛られている唐辛子の輪切りは、世界一辛いプリッキー・ヌーなので、辛さに弱い人は要注意。タイの人は平気で食べていたりするけれど。

Posted by てんも at 00時20分

コメント

サテ、マレーシアとかインドネシアとかにもあるやつだよね??このプリッキーヌーを一口かじったばっかりにその後の料理の味がすべて分からなくなったこと何回かあります。

きよ 2007年05月21日 06時25分 [削除]

ムーサテって、豚肉を食べないイスラム料理のタイバージョンですよね。インドネシアや、マレーシアでサテ食べたけど、もちろん無かったと思います。

日本にもビーフカレーという、インドでは考えられない料理を作り出しています。

食べ物、いやそれ以外の部分でも、外のものを取り入れて自分達仕様にしてしまう、そういうところは日本もタイも上手いなあと思います。

Perion 2007年05月21日 07時56分 [削除]

プリッキー・ヌーで痛い目に何度かあいました(T_T)
ムーサテ、おいしそうだな〜^^
横浜の裏路地(^^)に、焼鳥ならぬ焼豚屋があるんです。久しぶりに行ってみよう!この店の付け合せは、キャベツをちぎったものだけ^^切っていません、ちぎっただけです。調味料は塩!
店主曰く・・・「塩ふってもめば漬物になるぞ」
あとは客の判断のみです。

のんべ 2007年05月21日 17時57分 [削除]

私も大好きです!!

個人的にはピーナッツソース?とついてくる食パンがとっても好きです〜きゅうりの甘酢もたまらん。
食べたくなってきちゃいました(笑)。

コリキ 2007年05月21日 20時53分 [削除]

きよ
たった一口がね、その後猛烈に後悔させられるんだよね・・・。
あれをバリバリきゅうりのように食べる人もいるんだよ(汗)

ドクターPerion
カレーのドロドロ具合も色も、本場のインドのものとは違いますものね。
でもビーフカレーおいしい♪
そういえばタイもあまりビーフは食べませんね。
マクドナルドもチキンやポークやフィッシュが中心です。

のんべさん
焼豚屋行ってみたーい!!
キャベツの塩かけ、すっごくおいしそうです。おいしいキャベツだと、甘みを感じられるでしょうね。もめば本当に漬物だ〜(笑)

コリキちゃん
食パンだけ大量に買って帰る人もいるもんね。炭火で焼いたパンを甘いピーナツソースで食べるのもまた最高だね。

てんも 2007年05月22日 06時59分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2007


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー