タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年08月16日(木)

待ち人来たる [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

懐かしい人との再会。

日本で会社勤めをしたことのなかった私は、タイに来て初めて就職活動というものを経験し、縁にめぐまれて日系の会社で働くことになった。肩書きは社長秘書、実態は社内通訳という仕事内容のおかげで、会社中の部門から声をかけてもらい、会議や研修会の通訳を経験させてもらった。その時に学んだ各部門の役割、抱える問題、現場の専門用語などは今の仕事に非常に役立っている。

私の所属は総務部だったので、私には(気持ち的に)直属の上司が2人いた。総務部長と社長である。このお2人には本当に多くのことを教えていただき、多くを与えていただいた。
「上司に悩まされる」とは聞くけれど、「上司に恵まれる」とはあまり聞かない。だから私は非常に幸運だったのだと思う。
会社で何があっても、この2人がタイにいる間はこの会社で働き続けよう、と心に誓ったほどである。

そして私が入社してから数年でお2人はほぼ同時に日本に帰国された。

それからも社長は1〜2年に1度の割合でタイ旅行にいらしたが、総務部長はタイに来る間もなく別の国に赴任した。あれから早7年。1週間の休暇を利用して総務部長がタイにバカンスに来た。

「タイはやっぱり人が優しくていいですね」
そう、目を細めながら話す総務部長は、今は別の国でもっと偉い人になって、会社全体の管理をしている。
自己主張の強い人が多い、というその国でも、タイでしていたのと同じように自分を見失わず、自分が暮らしている国のあれこれを興味を持って眺めながらしっかり前を向いて歩いているその姿が嬉しかった。
在タイが長くなるにつれ、「見送る」側になることが多くなっていたのだけれど、毎年遊びに来てくれるお友達もいるし、たまにはこうして帰ってきてくれる人を「迎える」側になることもあるのだな、と気づいた。

Posted by てんも at 00時12分

コメント

その方の肩書きはどうなってますか?
通常は昇進しないと同じ任地には赴任しないものです。
同じ肩書きで帰ってきた場合は、よほど難しい問題のある任地か、赴任者拒否の後継者が多いということになりますね。

うっち 2007年08月16日 02時30分 [削除]

私の上司だった人も皆良い人ばかりでおかげで私もひねくれる
ことなく今のスタッフと接する事が出来ていると思っています。
7年ぶりにタイを見てどう思われたのでしょうね。
私も初めての海外出張をしたミクロネシアに行きたいです。

うえの 2007年08月17日 20時42分 [削除]

うっちさん
ごめんなさい。分かりづらい書き方だったので、その方が再赴任されたみたいに読めましたね。
バカンスで来ただけです。でもその昔、同じ肩書きで帰ってきた人がいたような・・・。と、いうことは・・・。

うえのさん
お互い上司に恵まれましたね♪
7年ぶりのタイの感想は「やっぱり人がいい。あたたかい」だそうです。
今回もその上司に一目会うためにタイ全国に散らばっていた仲間が大集合しました。

てんも 2007年08月18日 02時23分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2007


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー