タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年08月17日(金)

タイ的旅行 [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

市場にはメロンも。3キロ100バーツ。

先日のナコンナヨック県への「たけのこ買出し」で感じた。
タイの旅行は「点と線」だと思う。
目的地に関する情報は全て口コミだから、平面的な広がりがほとんどないのだ。

今回の目的地はたけのこその他を売っている市場だったので、過去にも行ったことがあり迷わずに到着した。その後、では昼食を、という時点で

「確かこの市場からこの道を少し行ったところにおいしいレストランがあると聞いたことがある」

というモーリさん(夫母)の証言により車を走らせるけれどもそれらしいレストランは見つからず、仕方がないので「ごく普通の」タイ料理屋さんで食べることになった。郷土料理でもなんでもない、ふつうのおかずが並んでいる。

その後
「たしかこの道の先にタイ陸軍の訓練場があり、中を見学できるようになっているとテレビで見た」

というモーリさんが言うので、そちらの方向に車を走らせてみた。するとたしかに訓練場となっている広大な敷地が一般に開放されており、射撃やサイクリングなど、いろいろ体験できるようになっていた。

でもまだあまり知られていないようで、それほどの混雑はしていなかった。日本ならガイドブックにこの訓練所の敷地内の地図、各催し物のタイムテーブル、休日、休憩所の場所など全てが網羅されるのだろう。タイ的旅行から見ると、日本の旅行は非常に「平面的」な広がりを持つイメージに思えてきた。

Posted by てんも at 08時08分

コメント

タイの旅行は、言葉を変えれば点と点のような感じが
します。

私が在タイ中ですが、運転手の能力として道を知って
いるというのがありました。ろくな地図はないので、
運転手の能力をそれで計るということでした。今でも
基本的には変わらないと思うのですが。

バンコクの地図、案内の類は日本語でたくさん出るようになりましたが、地方はまだまだのようですね。

1960年代には観光局のワーラサーン(月刊)で地方の
観光地、名所旧跡を案内してましたが地図はありません
でした。

タイ語で、詳細な旅行案内を作ったらタイ人の間で
売れるでしょうね。

アーチャーン 2007年08月17日 17時41分 [削除]

バンコクのソイを詳細に説明する地図など、タイで日本語の媒体はたくさん出るようになりましたが、タイ語のものは相変わらずないですね。
今も観光局の旅行雑誌はきれいな写真がたくさん載っていますが、地図はあまりないです。たまにあっても、国道と国道がつながっているだけです。

てんも 2007年08月18日 02時25分 [削除]

さいきん、タイ観光局発行のUnseen Thailandというタイ国内のガイドブックが毎年発行されるようになりました。小冊子に毛が生えたようなボリュームですが、写真が豊富で楽しめます。家内も好きで読んでいて、こんどはここに行ってみたいなどと言うようになりました。

2007年08月23日 14時16分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2007


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー