タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年10月04日(木)

目撃情報。 [タイで生活]

目撃者の証言によると、今朝、私はベッドの上で座ったままグーグー寝ていたらしい。どこかに寄りかかっているのではなく、ペタンと座ったまま、寝ていたらしいのだ。まさか。

だがたしかに、目覚まし時計を止めて、そのまま寝てしまわないようにベッドの上に座ったことは覚えているが、それから5分間ぐらいの記憶がない。10分後に再度目覚ましが鳴る前には正気に戻って目覚まし時計を完全に止めて、動き出したのだが・・・。

脳関係の本によると、目覚まし時計の音で強制的に目を覚ますのは、脳にはあまりよくないらしい。カーテンを開けたままにして、朝の陽射しを浴びて体が自然に目覚めるのが望ましい起床の姿だという。

とはいえ、今の時期のタイは6時前後にようやく明るくなる。7時に自宅を出るのに、朝食やら片づけやら身支度やら、6時過ぎに起きていたのでは間に合わない。

そこで自然に暗いうちから起きることになるのだが、タイの朝は早いので、5時台、4時台に起きる人もそれほど珍しくはないように思う。それなのに座ったまま寝てしまったのは、多分最近になって生活のリズムを少し変えたから。就寝時間と起床時間を調整しているので、体が慣れなれていないのだと思う。
座ったままグーグー寝ている姿は想像するだけで気持ち悪いので、明日は目覚まし時計が鳴ったらすぐに立ち上がるようにしよう。

Posted by てんも at 00時28分

コメント

うちの旦那は寝たまま足を組んで寝てますよ。

のいなあ 2007年10月04日 05時51分 [削除]

通勤中につり革につかまったまま寝ることしょっちゅうでした。足がカクンとなって、目が覚めるんですよ。
眠たいときは、どんな体勢でも寝れるもんなのかもしれないですね。

ポォ 2007年10月04日 06時55分 [削除]

ボクは、目覚まし時計を少し遠くに置いて寝ます。

それでもダメなときはダメなのですが・・・(-_-;)

たちの 2007年10月04日 16時02分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー