タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年11月04日(日)

電話のマナー [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

電話のマナー

先日、強烈な間違い電話があった。

「○○いる!?」
「(・・・!?そうか、間違い電話だ)番号間違って・・・」
・・・プーップーップー

間違い電話だと、相手に伝えきらないうちに切られた。久しぶりにマナーのない電話だった。

昔はこういう対応が多かったが、最近はずいぶん減ったように思う。
間違い電話であることを伝えると「ごめんなさい」「すいません」と一言謝ってから電話を切る。

久々の強烈な電話に、懐かしさを感じながらも腹が立った。
電話のマナーは大切にしたいと思った。

Posted by てんも at 00時12分

コメント

私の携帯電話・・・いまだに、しょっちゅうです。

ポォ 2007年11月04日 09時41分 [削除]

大昔(40年前)の話をすると笑われます。が、電話を掛けてきた相手が「ティー・ナイ・カ=どちらですか?」と言うのに、すごい違和感を感じました。日本では「00さんのお宅ですか?」が普通でしょう。タイ人は何じゃと思いました。また番号の2は「ソーン(グ)ではなく、トー」と言うように教わりました。後で解ったのですが、当時電話の「混信」が多く、また「雑音」も多く、その間違いを避けるためとの理由でした。(本当かどうか・・・)現在は「携帯電話」の時代(もう直ぐ6,000万台=一人1台になるとか)どんな話し方になっていますか。最近タイに電話をする用事もありませんので、現状をお教え下さい。

クン・ポー 2007年11月04日 09時54分 [削除]

>クン・ポーさんはじめまして。

私のタイの友人30代中頃は、彼が学生時代、「ティー・ナイ・カップ」を使っていました。まだその頃は携帯電話が普及していないときでした。

「ティー・ナイ・カップ」の意味を教えてもらって、へぇ〜と感心したものでしたが、彼は友人からその言い方は、古臭いと からかわれていました、、

当時タイへいる時、友人たちとの連絡にはページャー(ポケベル)を良く使いましたが、これが結構便利でした。何故かというとオペレーターにメッセージを伝えるというシステムだったからです。英語でもメッセージ残せたので、こちらのつたない英語でも十分利用できました。

ぺりおん 2007年11月05日 13時53分 [削除]

ポォさん
だんなさんも同じこと言ってました・・・。

クン・ポーさん
携帯電話は、たしかに一人1台持ってますね。
人によっては、なぜか複数台所有してます。
「ティー・ナイ・カ=どちらですか?」は、私もタイ語を習った時に、「タイではこれが普通の挨拶です」と教わりましたが、あまりみかけないので、謎に思ってました。

ぺリオン先生
今でも、間違い電話をかけてしまい、それに気づいた時に慌てて「ティー・ナイ・カ=どちらですか?」と言うことがあるみたいですね。
そんな時、私は名乗ることに抵抗があるので「ジャーク・ナイ・カ(どちら様ですか?)」と聞き返してしまいます。

てんも 2007年11月05日 21時06分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー