タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年11月15日(木)

大人の対応 [タイで生活]

ご近所の小学生兄弟が新しい制服を着ていた。かわいらしい柄のシャツ。
休み明けから、毎週決められた曜日に着るようになったという。

でも、なぜかお兄ちゃんだけ。
同じ学校に通っている弟は、普通の無地の白シャツを着ている。

「???お兄ちゃんの学年だけ、そのシャツを着るようになったの?」
お母さんに聞いてみたら、そうではないようだった。
「そうじゃないのよ。シャツの製造が間に合わなかったらしいの。だから納入されたクラスから順に着ることになったの」

学校に納入する商品の納期が遅れるというのは、深刻な問題だと思うのだけれど、こういう時、業者さんは意外にケロッとしている。
そして学校側も、クレームはするだろうけれど、「寛大な対応」をする。
間に合わない言い訳を並べる業者に対し、「理解を示す」のだ。それが大人のやり方だと言わんばかりに。

相手の失敗に対し、寛大な理解を示す。これがタイの「大人」の定義に含まれているような気がする。相手を許すことができるのは、尊敬に値する大人。
それはそれで結構なことだけれど、少し気になることもある。
大人たちのそんなやり取りを見て、「約束の時間に間に合わせることができなくても、相手が本当の大人なら許してくれる」という見本を見て育つ子供たちは、「約束は守らなければいけない」という意識が薄くなるのではないだろうか。

そんな意識がタイの融通が利く大らかな空気にも関係しているのだろうから、100%悪いと否定する訳にもいかないけれど、気になる出来事だった。

Posted by てんも at 07時28分

コメント

あははは・・・ありがち。
実は、坊主の体操着がくたびれてきたので買おうとしたら上のシャツはあったんだけど、欲しいサイズのパンツがなかった。いつ納入するのかと聞いたら、分からないと言われたよ。購買部のお姉さんも工場がはっきりいわないのよといって困っているのでどうにもいえず、ときどき寄ってどう?って聞いているけど1ヶ月以上たった今もまだ未納入・・・・・。うちの坊主、ボロボロの体操着着ているんだよ。他の子と体操着の色のトーンも違うし。。。この前、お尻部分破れそうだったので繕いました。早くパンツ来て欲しい。

ポォ 2007年11月15日 14時07分 [削除]

うん、そうだね。タイで、客がしつこく苦情をいったりしてるのってあんまりないような気がする。
何か問題があっても、まいいか、気にしないって空気があるよね。
日本は全然違うなぁ〜。
すべて、きっちり完璧に動いて当たり前、っていう息苦しい前提があるのが日本。
そのあたり前から、ちょっとでもずれると、いやな顔をしたり、キレて怒鳴ったり。。
その場で反応しなくても陰で愚痴を言ったり。
そういう人多い。

冷静に考えると、タイ的な反応の方が、健全だよな〜〜。
まぁ、日本の、その堅苦しさが、やたら完成度の高い、きっちりしたシステムを作り上げてるという意味では、否定もできないんだけど。
だから、タイにいって緊張の糸が切れて嬉しくなっちゃう日本人が多いのかもねぇ。

わかば 2007年11月16日 20時33分 [削除]

てんもさん、お久しぶりです。
以前、自分の日記には書いたことがあるのですが、日本人の私には この「タイ人の大人の対応」ってヤツができなくって 切れまくっていました(^^ゞ
理不尽な状況におかれても 公の場では 怒りを表に出さない・・・それじゃあ いつまでたっても問題点は改善されていかないジャン・・・と思っていたので「怒」のエネルギーはおくびにも出さずに 自分の主張だけを伝えて、決して引っ込めない姿を目の当たりにしたときは 感情コントロールの素晴らしさに敬意を感じてしまいました。
だけど、たいていは、まっいいかと許してるわけではなく、しょうがないってあきらめてるように見えてしまうのですが!!(ってまた怒ってしまう、私)

ちゃっぷん♪ 2007年11月17日 09時18分 [削除]

勾状況で日本とタイの間に挟まれるとしんどいよね。
タイ側が納期2週間って言ったら、日本側には納期1ヶ月以上ってな具合に。

でも、タイのこの流れが好き。
改善すれば??なんて思ったこともあるけど、これはこの国の流れ。 
相手の否を責めるより、起こってしまった事をどう解決するかに能力使ったほうが疲れないこともわかったわ♪

らぴ 2007年11月17日 10時07分 [削除]

ポォさん
学校用品が「まだ来ない」と言われることほど脱力することはないね。
街の洋品店で買えるものじゃないし・・・。
早くパンツ来るといいね。

わかば
タイ人が苦情を言わないのは、まいいか、と思うのが半分と、
相手に何言っても仕方ないというあきらめが半分な気がするよ。
日本は苦情を言えば、対応してくれることが多いから、
お客さんもまだ希望が持てるけれど(笑)
緊張の糸が切れてしまう人もたしかにいるような気がする。

ちゃっぷん♪
>それじゃあ いつまでたっても問題点は改善されていかないジャン
ものすごい同感です。
>自分の主張だけを伝えて、決して引っ込めない姿
「あなたの言ってることも分かるけれど、それじゃ困るから、
こうしてくれない?」
と、苦情を通り越して相手にアドバイス与えてるもんね。

らぴちゃん
>タイ側が納期2週間って言ったら、日本側には納期1ヶ月以上
この感覚が、コツなんだろうね〜。さすが。
たしかに相手を責めるよりは、問題解決法を考える方が前向きで
自分のためになるよね。

てんも 2007年11月19日 16時53分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー