タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年11月23日(金)

金の切手 [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

金の切手

郵便局が国王様の80歳のお誕生日を記念して、金の切手を販売するそうだ。
厚さ2.2ミリのこの切手は、25種類の絵柄が1セットで、10,000セット作成される。
そのうち1セットは純金で作成され、国王に献上される。
残り9,999セットは銀製で純金のメッキが施されている。

つまい、この限定9,999セットを購入した人は、国王様とおそろい、という訳だ。これはかなり魅力的だと思う。

気になるお値段は、135,000バーツ。(約445,500円)ボーナスで買う人もいるんじゃないだろうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

金の切手

Posted by てんも at 00時07分

コメント

こんばんは。コメント欄でははじめましてになりますbunと申します。3年前にバンコクに旅行してからタイのファンになりまして、タイ語の勉強などを折々しているものです。RSSリーダに登録させていただいて拝見させていただいています。

金といえば街角で中国人らしい商人が金のネックレスを売っていた様子が印象的でした。タイの方は随分金が好きなんだなあと熱気をみて驚きました。王室への敬意もあついですしさぞかし売れるだろうなと思って拝読しました。

bun 2007年11月23日 18時12分 [削除]

80歳の誕生日ということでいろいろと、記念品がでていますが、今度は切手なんですね。購入される方はきっとたくさんいるでしょうね。

お友達から聞いたのですが、先日、パラゴンで国王の胸像が記念として販売されていたのを見たヨーロッパの人が、普通、生前に胸像ってありえないと唖然。
なんでもありです。

ポォ 2007年11月24日 04時51分 [削除]

bunさん
書き込みありがとうございます。
ボーナスの時期になると、女性は金のブレスレットやネックレスを買うことがあるみたいですね。貯蓄というよりは、おしゃれの意味合いも大きいように感じました。

ポォさん
お金持ちの家だったら、国王の胸像おいてもそれほど違和感ないような気がしちゃうわ。

てんも 2007年11月25日 18時43分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー