タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2007年11月28日(水)

犬との距離感 [タイで生活]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

犬との関係間

タイの犬が苦手だ。

日本の実家には家族と同居している犬がいて、家族の末っ子の様な扱いをしていた。犬は大好き。
だからこそ、タイの犬との距離のとり方が難しくて敬遠してしまう。犬を触った後は必ず手を洗いなさい、と言われるのも面倒くさい。

最近はタイでも小型犬を家の中で飼う人も出てきたようだけれど、主流はやはり庭に放し飼いの番犬。

モーリさん(夫母)宅には、獰猛に見える番犬が3匹いる。
体が大きいし、よく吠えるので迫力があるのだ。
実際は私が近づけば尻尾を振るし、愛嬌があるけれど、でも人間の言うことに100%服従するわけではない。
モーリさんも口癖の様に言う。「犬に絶対に気を許してはいけない。小さな子を犬に近づけてはいけない」

犬が人や他の動物に噛み付こうと思えば、飼い主にそれを禁じる術はない。その野生の部分が残っていないと、番犬としては役立たないということかもしれない。
見知らぬ人が来ると思い切り吠える。非常にうるさい。でも、モーリさん達は口では「うるさい!」というけれど本気では叱らない。

やり方次第では、日本の犬のように主人の命令に絶対服従の「躾」もできると思うが、人間と犬とが一定の距離感を保たないと、番犬ではなくなってしまうようだ。

Posted by てんも at 00時44分

コメント

前に話したことあったかもしれないんだけど、タイに旅行したときお坊さんが足で犬をあやしてるのをみて新鮮でした。タイでは犬と人間の線引きがはっきりしているんですね。

きよ 2007年11月30日 06時31分 [削除]

犬が人間と一緒の布団で寝るとか、モーリさんには信じられないみたいだよ。
番犬という役割を担っている以上、人間と親しくなりすぎてしまっても困るのかも。

てんも 2007年12月01日 18時44分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー