タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年02月11日(月)

しつけ [タイで生活]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

しつけ

モーリさん(夫母)夫妻が旅行に出かけたので、数日間モーリ邸で留守番をした。
留守番で大変なのが犬の世話である。何しろ犬は、普段から相当にその意志を尊重されているために人間の言うことなど聞かない。特に番犬については、「犬はコントロールできないもの」という共通認識があるような気がする。

一応の主従関係はある。モーリさん夫妻は「ご主人」であり、外から帰ってくると鳴いて喜ぶ。尻尾も振る。
でも、門の外に出てしまった犬をモーリさんが「こっちに来い」と呼んでも絶対に来ない。気が済むまで遊ばないと帰ってこない。

あまり人間の言うことを素直に聞く犬だと、番犬として役に立たない、という理由もあるかもしれない。「野生」の部分を残しておかないと、怪しい侵入者に吠え付いたり噛み付いたりできないのだ。

それは分かってはいるが、親戚が来た時、飼い主の友人が来た時など、飼い主と親しく話をする人間に対しては吠えない、などの分別がつかないものか。モーリさんのお友達が訪ねてきても、あまりに吠え声がうるさくて会話ができないほどだ。その場ではモーリさんも犬を叱るが、全く効果なし。

「待て」と言われれば目の前の大好物も我慢する日本の犬と比べて、日本的なしつけを一切されていないタイの犬との距離のとり方は非常に難しく、日本的な可愛がり方しか知らない私はタイの犬とあまり仲良くなれない。
犬の方も、私には吠えないし姿を見れば尻尾を振ってくれるが、おそらく序列は自分の方が上だと理解しているだろう。
「たまにお菓子をくれる近所の人」ぐらいに思っているかもしれない。

Posted by てんも at 12時32分

コメント

日本でもダメ飼い主に育てられたダメ犬が増えています。出勤時に犬に引きずられている飼い主を良く見かけます。そうしたダメ犬をしつけるのを見せるTV番組が増えていて、カリスマ調教師がもてはやされる今日この頃です。

うっち 2008年02月11日 19時54分 [削除]

毎日、毎日、家の廻りに犬の糞。
飼い主のしつけもしてほしいよーーー

あっけん 2008年02月12日 00時19分 [削除]

家は犬が増えすぎて大変な事になっています。
先日子犬が3匹産まれて今8匹も居るんですよ。
病院代や食費も大変です。子犬が乳離れしたら母犬を
病院に連れて行って子供が出来ないように手術しようと
思っているのにまた子供がすぐに出来そうな雰囲気。
雄犬の去勢が先か?出費がかさみます。

うえの 2008年02月12日 11時49分 [削除]

うっちさん
ダメ飼い主・・・。人間の子どもと一緒で、小さい時にきちんと教えてあげていれば、大きくなってから苦労しないんでしょうけどねぇ。

あっけん
それは紐つけて散歩しているということ?
それとも自由に遊ばせているということ?
どっちにしても困るけどね。

うえのさん
8匹ですか!!
それは大変だ。でもにぎやかそうだな〜(*^_^*)

てんも 2008年02月14日 11時07分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2008


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー