タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年05月30日(金)

閉じ込められた [アメージングタイランド]

画像(320x127)・拡大画像(640x254)

閉じ込められた

エレベータに閉じ込められた。
順調に降りていたエレベータがガクンッと揺れて、次の瞬間に電気が消えて真っ暗になった。停電だ。

う・・・。
こんな時のためにカバンに入れておいたはずの小型の懐中電灯は前回の自宅での停電で使ったまま、まだカバンに戻していなかった。

その時、他の人が携帯電話を取り出してくれた。
ほのかな携帯電話の光で、暗闇がポォッと明るくなる。
状況は全く変わっていないのに、そこに明かりがあるだけで、どうしてこんなに安心できるのだろう。

非常ベルを押すと、ラッキーなことにちゃんと音が鳴って、ラッキーなことにたまたま真面目に勤務していた守衛さんが電話に出てくれた。
「何階で止まってますか?」
「真っ暗で何も見えません。何階だか分からない」
「ちょっと待ってくださいね」

守衛さんに位置が把握できるように中からコンコンと扉を叩いていると、まもなく守衛さんが外から扉を開いてくれた。
助かった〜!!

後から聞いたところによると、停電が原因で止まってしまったエレベータは、そのまま故障してしまったそうだ。
守衛さんがいうには「ハングアップ」してしまった、ということで、エンジニアが来るまでは使えないのだとか。

懐中電灯を持ち歩かなくても、停電の時には携帯電話を使えばいいのだ。また一つ、タイで生きていくための知恵を身につけることができた。

Posted by てんも at 10時11分

コメント

すぐに出られてよかったね。

ポォ 2008年05月30日 12時42分 [削除]

一人の時じゃなくて良かったですね。
嫁のアパートで夜中の1時に停電でエレベーターに一人閉じ込めら
れた時は本当に心細かったです。携帯電話は灯りにもなるけど
外部と連絡出来て話が出来るので安心するし心強いです。

うえの 2008年05月30日 15時02分 [削除]

ポォさん
一瞬、ここで長時間閉じ込められたら・・・と冷や汗が出たよ。

うえのさん
一人だったらパニックでしたね。
私の時はエレベータの中に電波が入らず携帯電話の使い道は懐中電灯代わりでした。

てんも 2008年05月31日 23時47分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2008


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー