タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2008年05月17日(土)

100歳まで元気に生きる! [読書の記録]

画像(129x180)・拡大画像(147x204)

100歳まで元気に生きる!

健康オタクとしては見逃せない本だった。

かなり厚い本なのだけれど、例によって少しずつ楽しみながら読んだ。さすがに持ち運ぶのは重いしカバンに入らないので、寝る前のお楽しみにした。

世界でもっとも健康的に長生きする人びとに、4つの地域が挙げられていて、そこになんと日本の沖縄が入っていた。
そういえば、沖縄の食生活を研究している人もいたっけ、と納得。

健康的で長生きする人々がいる国では「長生きする老人」は尊敬の対象になるそうで、だから年齢のさば読みは、年齢を低く言うのではなく、高めに言うのだそうだ。おちゃめなおじいちゃんおばあちゃん達の気持ちが、ちょっと微笑ましく思えた。

老人を敬う、という点では、タイもかなり当てはまると思うけれど、料理に白砂糖をたっぷり使うところが、他の長寿地域とタイの異なる点かもしれない。

この本を読んでから少し甘いものを控えてみた。コーヒーも砂糖なしにする回数を増やした。するとなぜか体調が良い。
野菜中心の食事にしていることも影響しているのだろうけれど、しばらく続けてみようと思う。

Posted by てんも at 07時36分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2008年05月16日(金)

「仕組み」仕事術 [読書の記録]

画像(320x320)・拡大画像(400x400)

「仕組み」仕事術

正直なところ、自己啓発系や時間管理系はそこそこ読んだので、もういいか、と思っていた。
だからこの本が目に入った時も、しばらくは買わないでいた。

何かのついでに買って、さらっと読んでみて、自分の考えが間違っていたことを知った。私の仕事の進め方には、まだまだ改善の余地がたっぷりあったことを知ることができた。

特に、メール処理に「仕組み」をつくる、の部分は、非常に参考になった。

泉さんによると、メール処理にかかる時間は大きく3つに分けて考えることができる。
1)受信メールを読む時間
2)返信内容を考える時間
3)返信内容を打つ時間

メール処理にかかる時間を短縮するには、「メールを読むのは必ず1回だけ。その場で返信する」というルールにする。
実践してみて、その効果の大きさに驚いた。

メール処理に関する仕組みルールは、これ以外に全部で5つ紹介されていて、その通り実践してみたらメール処理だけでなく仕事への取り組み方が全く変わったことに気づいた。

Posted by てんも at 14時55分   パーマリンク   コメント ( 2 )

2008年05月15日(木)

今年初の雨水床そうじ [タイで生活]

雨季に突入したらしい雰囲気だったので、そろそろか、と思っていたが、ようやく来た。

激しくふきつける雨が窓から吹き込み、床に流れる、そんな大雨。
その雨で、床掃除をした。

普段はさぼっている、窓際に設置された家具の下の拭き掃除。お陰で床はピカピカ。
やっぱり雨季はこうじゃなくちゃ。

ただし、この技は夕方の大雨の時間に自宅にいなければ使えない。うっかり外出していた場合、家の中は大変なことになっている。家具を水にぬらさないためにも、この時期はなるべく早めに帰宅する方が良いようだ。

Posted by てんも at 00時09分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2008年05月14日(水)

注射 [タイで生活]

いつも非常に混雑しているクリニックがなぜか非常に空いていて、先生と世間話をしているうちに注射をしてもらうことになった。
B型肝炎の予防接種である。

以前受けた健康診断でB型肝炎の抗体がないことが分かり、1度予防接種を受けたのだが、B型肝炎の予防接種は3回必要なのだ。1度目を受けたあとうっかり忘れてそのままになっていた。

何種類か方法はあるようだが、先生が説明してくれたのは「0・1・6」法。
1ヵ月後と6ヵ月後に追加で注射をする。

抗体がつく可能性は100%ではないらしいが、何度か挑戦してようやくついた、という人の話も聞いたので、気長に続けてみようかと思う。

Posted by てんも at 23時01分   パーマリンク   コメント ( 3 )

2008年05月13日(火)

カメラが壊れた [タイで生活]

カバンの中に入れて持ち歩いていた愛用デジカメが壊れてしまった。先日9999枚まで撮影し、また0からスタートしたところだった。

今のデジカメの標準サイズと比べるとかなり大きめだったけれど、手ブレが少なく素人でも楽に撮れるところが気に入っていた。

改めてカメラ屋さんを覗くと、種類の多さに圧倒される。どれが良いのかさっぱり分からない。

だんなさんは日本で買うことを勧めてくれたけれど、それほどの高性能を求めている訳ではなく、持ち歩いて面白い瞬間を撮れればそれで良いので、タイで売っているもので十分じゃないのか、という気もする。

今までのカメラと同等の画質や性能を求めるのであれば、タイ国内で1万B超で購入できるらしい。
少しカメラ事情を調査してみようと思う。

Posted by てんも at 15時34分   パーマリンク   コメント ( 5 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2008


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー