タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年02月16日(月)

サクラの季節’09 [タイで生活]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

サクラの季節’09

日本のサクラより色が濃いタイの桜が満開だ。

この花は、咲いているときも良いけれど、落ちてからもしばらく人の目を楽しませてくれる。
ピンク色の絨毯だ。

日本の桜のように花びらがチラチラと散るのではなく、花ごとボトッと落ちる。

このところ、昼間の気温が急上昇している気がする。日差しも急激にきつくなってきた。
そろそろ、夏本番の4月に向かって自然界が気合いを入れ始めているらしい。

Posted by てんも at 00時05分

コメント

この花を見ると受験を思い出す・・・という旦那。ということで、受験生ががんばる時期なのかな?とも思います。受験生でない私にとってはきれいな花だと思います。

ポォ 2009年02月16日 07時37分 [削除]

テンモさん

そうですね!
あちらこちらタイの桜が咲いています。
この桜でいつも思い出すのは、ゴルフをして、桜の花が
落ちた所へ打ち込むと、淡いピンクとゴルフの白でほと
んど色が同じであるため、ボールを見つけるが難しく、
アー、ダメだわと探すのをあきらめる事が多かったです。

           T−まーちゃん

2009年02月16日 07時51分 [削除]

11月頃のドイメーサロンの桜とはまた違った趣ですね。

ニー 2009年02月16日 22時48分 [削除]

ポォさん
この花が道路沿いに並んでいると、と〜っても綺麗だよね。

Tーまーちゃんさん
ゴルフの時にそんな苦労があったなんて、知りませんでした。

ニーさん
ドイメーサロンの桜は見たことないです〜。
日本の桜に似てますか?

てんも 2009年02月19日 19時09分 [削除]

チョンプー・パンティップは’タイの桜’として親しまれていますが、タベブイア〔学名:Tabebuia)というのが最も一般的だと思います。南米のアルゼンチンやパラグアイでは、ラパーチョ(Lapacho)とも呼ばれ、’南米の桜’としてやはり親しまれています。台湾ではタベブイア(Tabebuia)を風鈴木と呼んでいましたよ。

piepie 2009年03月16日 20時20分 [削除]

piepieさん
世界中で親しまれている花なんですね♪
興味深いお話をありがとうございます!!

てんも 2009年03月16日 22時07分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー