タイ語翻訳者がのぞいたタイランド

タイ在住のタイ語翻訳者がのぞいたアメージングタイランド、タイの楽しいニュースをお届け

2009年07月31日(金)

アジャーンと呼ばれて [タイで生活]

画像(239x320)・拡大画像(479x640)

アジャーンと呼ばれて

最近、ナムトーフ売りのおじさんから「アジャーン」と呼ばれるようになった。
アジャーンというのは「大学の先生」のこと。アジャーンという名前には、どことなく重々しさがある。

私は先生ではないし、偉くもない。だから「アジャーン」と呼ばれるのは抵抗がある。いつもその呼び方は拒否している。

でも、今回の場合、使っているおじさんは非常に軽い気持ちで使っているようなので、そのまま受け流している。

だいたい、おじさんにとって、お客である私は非常に呼びづらい対象だ。
「ノーン」と呼ぶほどには年下ではない。もちろん、「ピー」ではない。たまに、明らかに年下な相手に向かってへりくだって「ピー」と呼ぶこともあるけれど、おじさんと私の間にそこまでの格差はない。いつも友達モードで話をしている間柄だ。

「アジャーン」の奥さんだから、ついでにアジャーンと呼んでしまえ。そんなところだろう。

そういえば、学校の先生をしていたモーリさんも「アジャーン」と呼ばれることがあり、そんなときはモーリさんご主人までやっぱりついでに「アジャーン」と呼ばれている。

使っておけば相手の気分を害することはない、便利な言葉なのだと思う。

Posted by てんも at 00時44分

コメント

なるほどっ!
無難だとクン ○○○、単にクンあるいはニックネームのテンモ、このあたりが妥当なのかな、と思ったけど、結構タイ語もちょっとしたニュアンスがあっていろいろ難しいんですね。
ナムトーフ美味しかったな★また飲みたい。

わかば 2009年07月31日 07時01分 [削除]

てんもさんにお会いしたときは私もアーチャンと呼ばさせていただこうかな。

イサーン太郎 2009年07月31日 10時20分 [削除]

飲み屋で「社長さん」と呼ばれるのと同じですね!

楽しそうでなによりです。

YoTa 2009年07月31日 10時44分 [削除]

わかば
「クン」はね、ちょっと距離を感じちゃうんだよね。
お客さんをニックネームで呼ぶ商売人も多くて、親しみが増すから悪くないんだけど、このおじさんはお客さんをニックネームでは呼ばないみたい。おじさんなりの「けじめ」の様な気がするよ。

イサーン太郎さん
ダメですってば。私をその名で呼べるのはナムトーフのおじさんだけです。
イサーン太郎さんの方が、博識で頭良くてアーチャンの雰囲気です。

YoTaさん
それだ!!まさしく、飲み屋の「社長」のニュアンスです!!

2009年08月03日 11時06分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

タイ語翻訳者

てんも

タイ国在住のタイ語翻訳者。
BOI、契約書、法律文書などの重要文書を中心としたタイ語翻訳を行っています。
連絡先:
タイ語翻訳に関するお問い合わせは、↓のリンク集最後の翻訳会社GIPUまでお願いいたします。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

コミュニケーションをもっと快適に タイ語翻訳会社ジーアイピーユー